ニュース

共産党の初議席獲得 つるぎ町議選で林氏当選

 つるぎ町議会選挙は11日投開票され、日本共産党の林勇候補が308票(得票率5.06%)を獲得し当選。旧半田、貞光、一宇の各町村時代も含め、同町での日本共産党の初議席を勝ち取りました。

 林氏の得票は16年の参院比例での229票、17年の衆院比例での274票を上回りました。

 当選を決めた後、林氏は「支援をいただいたみなさんに心から感謝したい」とのべた上で、「過疎化がすすむなか、年金が削減され、若い人の仕事もないのが現状だ。国の悪政に反対し、公約で掲げた仕事づくりをすすめ、お年寄りも若い人も住みよい町にしてゆくために全力をあげたい」と決意を語りました。

県議選 板野選挙区にたかはら氏 記者会見で決意かたる

記者会見で決意を語るたかはら氏

 9日、日本共産党徳島県委員会は県政記者室で記者会見を開き、県議板野選挙区にたかはらくみ氏(新)、阿南選挙区にたつた良子氏(現)、徳島選挙区に山田豊氏(現)、上村きょう子氏(現)を擁立することを表明しました。

 たかはら氏は、40年にわたる教員生活の思いを語り、「湾岸戦争が始まった時、小学生から『人が人を殺しても、幸せになんかなれない。話し合えば、誰も苦しまず、悲しむことがないのに、何で戦争をするの』と言われた。子どもでも分かることなのに、安倍政権は憲法を変え、戦争への道を突き進んでいる」と批判しました。

 そして「豊かな文化は平和の上にこそ成り立つ」と強調し、「懸命に働く人が豊かに、文化的に生きていくことができる県・国を築きたい」と立候補の決意を語りました。

 県議が4議席になれば、交渉会派となり、代表質問ができます。また、全常任委員会に委員を送ることができるようになり、さらに議案提案権ができます。

 記念オケ疑惑をはじめ、飯泉県政の問題点をきびしく追求し、県民の暮らしを守る力がぐんと大きくなります。

 各予定候補のプロフィールなどはこちらの地方選挙情報からご覧になれます。

共産党の初議席を つるぎ町議選11日投票

出陣式で決意を語る林いさむ候補

 つるぎ町議選が6日告示され、日本共産党の林いさむ候補の出陣式が行われました。12の定数に、現職12人、新人2人が立候補する少数激戦です。

 同日行われた林候補の出陣式には、白川よう子四国ブロック国政対策委員長も駆け付け「私の故郷の町で、初めての日本共産党の議席を獲得させて下さい」と気迫を込めました。

 そして数々の安倍政権の強権政治を実体験をふまえて告発し、「安倍政治への審判の1票を林候補に託して下さい」と訴えました。

 林いさむ候補は、1世帯年2万円の国保税の引き下げや、学校給食費無料化などの、くらし応援の公約を語り、「市町村設置型での合併浄化槽整備や、リフォーム助成の拡充などで地元の業者の仕事をふやし、町でお金がまわるようにしないといけない」と訴えました。

 そして「日本共産党は国にも町政にもしっかりモノを言う。私に町政のチェック役を果たさせて下さい」と決意を込めました。

つるぎ町議選挙に林勇氏が挑戦 党議席の空白克服をめざして

立候補予定の林勇氏

 11月6日告示、11日投開票で行われるつるぎ町議会議員選挙で、日本共産党から林勇氏が立候補します。

 選挙は定数12に対し、現職12人と新人2人の計14人が立候補予定で、2人余りの少数激戦の様相です。

 長年の党議席の空白克服をめざし、連日奮闘している林氏ですが、現地の党組織は小さく支持拡大は容易ではありません。全県の同志のみなさんの支援をよろしくお願いいたします。

 また、林氏の立候補表明をうけて、当HPにて紹介ページを開設いたしました。こちらからご覧になれますので、よろしくお願いいたします。

綱領路線を熱く語る 共産・仁比参院議員が各地で

徳島市のつどいで訴える仁比氏

 日本共産党の仁比そうへい参議院議員は9月15日、徳島市、阿南市、吉野川市で開かれたつどいで、国政の現状と、日本共産党綱領について縦横に語りました。

 徳島市内のつどいで仁比氏は「沖縄県の翁長雄志知事が急逝した直後の県民大会には、翁長県政が始まってから最高の7万人の県民が集まった。そこにみなぎっていたのは『絶対に諦めない』という揺るがぬ決意だった」とその熱気を伝えました。

 さらに米軍占領下でも一貫して基地のない沖縄を命がけで訴え続けた沖縄人民党以来の日本共産党のたたかいを紹介し「日本共産党のたたかいが、いま保革の違いをこえた『オール沖縄』のたたかいにつながっている」と強調しました。

 そして「安倍政権の強硬な姿勢は、『どうせ基地はつくられる』と諦めさせることが狙いだ。しかし新基地建設には設計変更への知事の承認が必要。行き詰まっているのは安倍政権の方だ」と力を込めました。

 さらに経済政策について「大企業の内部留保は425兆円と、昨年1年間だけで22兆円増えた。大企業の純利益は安倍政権の下で2.3倍になった」と告発し、「一方で最低生計費以下で暮らす人々は3000万人を超え、国民の4人に1人が貧困状態だ」と明らかにしました。

 そして「『大企業への民主的な規制を』という日本共産党が一貫して主張してきたことが、『99%の人々のための政治を』と、市民と野党の共闘の大きな旗印になっている」とのべました。

 最後に仁比氏は「朝鮮半島では平和への大転換を迎えている。日本はこのチャンスを生かし外交努力こそ行うべきだ。安倍首相のねらう憲法改悪を止めよう」と訴え、「『統一戦線の力で、国民合意の下で一歩一歩改革をすすめる』というのが、党の綱領の揺るがぬ立場だ。この綱領の力が、いま市民と野党の共闘という形で政治を変える時代を築いたことに確信を持とう」と呼びかけました。

 参加者から出された「野党共闘の現状は」との質問に、仁比氏は「本気の野党共闘で安倍政権を倒す機運が高まっている。沖縄知事選での勝利はそれを大きく前に進める力になる。玉城デニー候補の勝利を勝ちとろう」と呼びかけました。

本気の共闘の実現を 共産党いっせい宣伝で仁比参議院議員先頭に訴え

徳島駅前で訴える(左から)上村県議、仁比参議院議員、達田、山田両県議

 日本共産党は9月14日、四国いっせい宣伝を行いました。徳島では仁比そうへい参議院議員も参加し、県下各地で行動しました。

 徳島駅前の訴えには仁比氏とともに、山田豊、達田良子、上村恭子の3県議が参加し、日本共産党と野党共闘の躍進を訴えました。

 仁比氏は「西日本豪雨災害の被災地をまわり、現地の声を聞き、自宅に流れ込んだガレキの公費での撤去や、中小企業へ再建費用の3/4を補助させるなど政治を動かしてきた」とのべた上で、「それでも大きな壁がある。何でも『自己責任』にする安倍政権と、何よりもその安倍政権によって地域経済とくらしが痛め続けられた中での災害だからだ」と批判し、「ダムの放流や、大規模堤防の決壊などが被害を大きくした。大型公共事業偏重の政治が引き起こした人災でもある」と告発しました。

 さらに「消費税8%増税で個人消費は年32万円減り、働く人の賃金は16万円も減っている。こんな中で安倍政権は消費税10%増税、憲法改悪と、何でも強行で行おうとしている」とのべ、「強行の極みが沖縄新基地建設だ。翁長雄志前知事の遺志を引き継ぐ玉城デニー候補の勝利で、安倍政権にNOの審判を下そう」と呼びかけました。

 そして「3000万人署名で、安倍首相の改憲発議の狙いを阻止しよう。市民と野党の本気の共闘に全力をつくす」と決意を込めました。

 訴えを聞いた徳島市の男性(42)は、「安倍首相は数の力で強引な政治、首相の意向ありきの政治を進めているが、それが日本の利益になっているか疑問だ。しかし本当に野党が共闘できるのか、なかなか見えない。共闘すれば勝てるのに」と話していました。

沖縄県知事選 玉城デニー氏当選で志位委員長が談話を発表

 9月30日投開票された沖縄県知事選挙で、オール沖縄の玉城デニー氏が当選しました。

 これをうけて、日本共産党の志位和夫委員長は「沖縄県民がかちとった歴史的勝利 ― 沖縄県知事選挙の結果について」と題した談話を発表しました。

 談話の詳細はこちらからご覧ください。

平壌での南北首脳会談をうけ、志位委員長が談話を発表

 日本共産党の志位和夫委員長は19日、平壌での南北首脳会談について『平和と非核化に向けた重要な前進 ―南北首脳会談と「9月平壌共同宣言」を心から歓迎する』とする談話を発表しました。

 今回の南北首脳会談で署名された「9月平壌共同宣言」と「板門店宣言軍事分野履行合意書」について、志位委員長は談話の中で、朝鮮半島で二度と戦争を起こさないと宣言し、そのための具体的措置の履行を確認したこと、非核化の実現に向けた具体的措置に一歩踏み出したことを高く評価し、国際社会がそれを後押しすることを求めています。

 談話の詳細についてはこちらからご覧ください。