YOU気りんりん!WEB アーカイブ - 日本共産党 徳島県委員会 /* css自動更新 */
29日

YOU気りんりん!Vol.49

24日、香川県工代祐司教育長に少人数学級実現で申し入れ

 安倍首相が辞任し、解散総選挙の時期について色々な憶測も。国政はコロナ対応など、一刻の空白も許されません。速やかに臨時国会を開催し、新首相のもとで国政の基本問題についての十分な審議を行うことを強く求めます。

 22日、連日の猛暑にやられたのか、高知県の中村駅を目指して出発したはずが、電車を乗り間違え気がつけば瀬戸大橋の上…。やらかした!児島から引き返し、少し遅れて四万十市でのつどいに参加。自宅から5時間かかるところが6時間半になりましたが、皆さん待っていてくれました。

 翌日は幡多地区委員会でジェンダー学習会の講師を務め、ジェンダー平等を書きこんだ党綱領を語り、午後は大月町へ。9月22日告示の町議選で3期目に挑む浦木ひでお議員と共に街頭演説会。探究を続けているアコヤガイの稚貝が育たない問題で漁業者を訪問。解決の糸口が見えてきました。

 24日は香川県教育委員会の工代教育長に「今こそ少人数学級の実現」をと要望・懇談しました。教育長からは「次の教育基本計画の策定にあわせて、現在の少人数指導体制からさらに発展させていけるよう検討していく」との答え。コロナ禍の対応としても重要な20人学級を早期に実現しようと提案しました。

 次の日また高知に戻り、高知県の日本共産党地方議員交流会でご挨拶。地方議員も務めてきた自分の思いを生い立ちも含め素直に語らせていただきました。翌日からは松山市での集いや街頭宣伝。宇和島市、八幡浜市、西予市など南予での集いなど、猛暑を吹っ飛ばす勢いで四国中を駆け回りました。