YOU気りんりん!WEB アーカイブ - 日本共産党 徳島県委員会 /* css自動更新 */
02日

YOU気りんりん!Vol.46

7月30日、高知県いの町で街宣

 長雨、豪雨、大きな被害をもたらした梅雨がようやく明けた。同時にいっきに暑くなり、今週の街頭宣伝だけで脚まで真っ黒に。恐るべし夏の日差し。その上、マスクが暑さを増幅する。コロナ対策、UV対策、熱中症対策…私のカバンの中身がドンドン増えていく。

 この暑さの中、高知県東部地区のわくわく女性後援会が、総選挙に向けてメラメラと燃えている。独自の手作りリーフにプラスター、ひまわりの花の真ん中が笑顔いっぱいのイメージキャラクター、胸には折り紙で作ったひまわり。「四国から女性を国会へ!白川よう子さ〜ん、あたしらがついちゅうき」と書かれた文字に心から励まされる。29日、各地で行われた街頭演説会には暑い中を30〜60人の方が集まってくれ本番さながら。秋の総選挙が予想される中、私の背筋もピンっと伸びる。

 31日、香川県へコロナ対策で4回目の申し入れ。今回も浜田恵造知事に直接手渡し意見交換。コロナ感染拡大が過去最多を更新し続ける中、感染震源地(エピセンター)対策と、PCR検査等の抜本的拡充を求め、検査の目的もこれまでの診断目的から防疫目的に変えて面で押さえていくことを国に迫るよう求めた。

 しんぶん赤旗日曜版にも登場してくださった東京都医師会の尾﨑治夫会長も、そのことを強く訴えていた。国民の前に出て来ようともしない安倍首相に「#臨時国会の開催を求めます」の声が、あらゆる分野から大きく上がっている。国民の生命と健康を守るため、与党も野党も力を合わせる時。