YOU気りんりん!WEB アーカイブ - 日本共産党 徳島県委員会 /* css自動更新 */
06日

YOU気りんりん!Vol.38

6月1日、外務、防衛両省に米軍機の低空飛行に対し電話で抗議要請をしているところ

 四国各地で米軍機の低空飛行が相次ぎ、通称「オレンジルート」下や高知市内、今治市、鬼北町や久万高原町などでも目撃されています。低空飛行中止を求める抗議要請を外務大臣・防衛大臣あてに行い、各地の住民が撮影した目撃情報の動画などを納めたDVDも証拠として渡しました。

 6月1日、私から両省に電話で直接抗議要請。「5月初旬までで、昨年1年間に匹敵するほどの目撃情報がある。保育所上空を爆音で低空飛行し、驚いた子どもが泣き叫んでいる。今すぐやめるべきだ」と伝え、訓練中止と米軍機低空飛行訓練の実態把握を求めました。コロナ禍、国民には自粛を言いながら、米軍の勝手な訓練はやりたい放題など許せません。

 3日、「自立相談支援センターたかまつ」を高松市議団と訪問。緊急小口資金の相談窓口にもなっている現状をお聞きしました。通常5名体制だが、相談に対応しきれず現在16名(最大30名)体制で、通常の業務と相談業務を行なっている。毎日深刻な相談がひっきりなしに寄せられ、鳴り止まない電話を取ることもできない現状。国の申請のルールに高松市独自のローカルルールが乗っかり、相談者が国のコールセンターで聞いた内容と違うこともしばしば。

 目の前の人を助けたいと頑張っているのに、それが叶わない時の喪失感・無力感はいかばかりかと本当に身につまされました。最後に職員から「今日は聞いて頂いて気持ちが軽くなりました」との言葉。私たちもより一層頑張らねば!