YOU気りんりん!WEB アーカイブ - 日本共産党 徳島県委員会 /* css自動更新 */
04日

YOU気りんりん!Vol.30

3月29日、西予市野村で街頭演説会で和氣かずお市議予定候補と

 「アベノマスク」に各地で失笑と失望の声。布製のマスクを1世帯に2枚配るというが、「マスク2枚では生活していけません。」と語る飲み屋のママさんの言葉が胸に刺さりました。

 4月2~3日は宿毛市へ。市内で初めての新型コロナウイルス感染者が発生した直後で、しかも2人の感染者は宿毛警察署に勤務する警察官という事もあって、市民の皆さんの不安が広がっていました。街頭演説の予定でしたが、不安の広がる中なので皆さんからご意見を伺う場に切り替えました。「なぜ宿毛で?」、「今日からデイサービスも中止になり母の運動能力低下が心配」、「観光客がバッタリ止まり、お店の経営が不安」。いっしょにお話をお聞きした今城隆市議や支部のみなさんと力を合わせて、国や自治体に届けていきます。

 4月19日からスタートする西予市議選に和氣かずおさんが立候補します。被災後の市民の声を市政に届ける議席を作るために頑張っています。

 和氣かずおさんは野村で障害者福祉に頑張ってきた方。農福連携の事業を立ち上げ、産直活動の「百姓百品」などで一次産業を頑張り続けてきた人です。一昨年の西日本豪雨災害で自らも被災しながら、力を合わせて野村で生きて行こう!と踏ん張り続けてきました。ブータンの若者が日本に来て酷い扱いを受けて命を落とした時も、ブータンの皆さんを支え野村で働く場を作りました。

 16年間党議席空白の西予市に、はっきりモノを言う議席の誕生をみんなの手で!