YOU気りんりん!WEB アーカイブ - 日本共産党 徳島県委員会 /* css自動更新 */
19日

YOU気りんりん!Vol.8

写真撮影の様子

 11月24日投票の高知県知事選挙に、夏の参院選で徳島・高知選挙区で善戦健闘した松本顕治さんが市民と野党の統一候補として立候補を表明。記者発表で「ここで一緒に暮らそう、誰一人取り残さない県政へ」をスローガンに、安心の高知県政実現への思いを語りました。ワクワクするようなたたかい、結果を期待します。

 台風一過の徳島キャラバン最終日は我が故郷の徳島県西部を縦断。被害へのお見舞いを述べつつ、16歳の環境活動家グレタ・トゥンベリさんの活動に想いを馳せました。日本のどこにいてもいつ大きな自然災害にみまわれるか分からない状況。地球規模の気候変動の根底にある、ルールなき資本主義の経済活動最優先のあり方を今すぐ見直す行動が必要だと実感。

 厚労省が病床削減を進めるために全国424病院の実名をあげた問題で、21の四国の病院を訪問しています。まずは香川県で名指しされた病院へ。ある病院は患者さんの不安があってはいけないと、いち早く掲示物を用意しました。全国知事会と3団体も「全国一律の基準により分析したデータだけで再編統合を推進することは適切ではなく、地域の住民の不信を招いている」と意見を表明しています。立場や地域医療構想本体への考え方の違いはあっても、今回のやり方に対して力を合わせることが必要です。

 次の闘いに向けて写真撮影。いつものベテランカメラマンさんから、今回初めての方に代わりましたが、リラックスした状態でスムーズな撮影。いい写真がたくさん撮れたようで、どんな宣伝物が完成するか楽しみです。