YOU気りんりん!WEB アーカイブ - 日本共産党 徳島県委員会
12日

YOU気りんりん!Vol.7

神山町にてたくさんの案山子たちと

 大型で非常に強い台風19号が近づいています。四国キャラバン真っ最中の徳島のホテルで缶詰め状態の中、原稿を書いています。大きな被害が出ない事を祈るばかりです。

 キャラバンが徳島入りした初日、駅前で「徳島新聞号外」を受け取ると徳島そごうが来年8月に閉店するとのショッキングな報道。徳島市のつどいでこの事を報告すると「えーっ!?」と、どよめきが起こりました。

 私が子どもの頃は徳島市の商店街の中に「丸新」というデパートがありました。ここに行くと世の中の物は何でも揃っているような感覚になって、田舎暮らしの私にはまさに夢の国。デパートのレストランでお子様ランチとソフトクリームを食べるのが唯一の楽しみでした。そのデパートが、徳島そごうの出店の影響で無くなってしまった時に受けたショックは未だに忘れられません。今度はその徳島そごうが撤退、何とも複雑な心境です。

 消費税増税で景気が後退している中、県内唯一のデパートの撤退がどれだけ地域経済に影響をもたらすのか。そごうで働く皆さんがどうなるのかも本当に心配です。様々な影響に対しての対策が必要です。

 徳島県でのキャラバンは、総選挙後まだ入れていない町を中心に宣伝を組んでくれています。先日、選挙の応援に入った板野町は、天羽いくみ・石田みのる両候補が当選を勝ち取りました。両議員と共に街頭から公約実現に向けて頑張る決意を報告。「頑張ってよ!」とたくさんの声援を頂きました。石井町や神山町、佐那河内村と駆け巡り、神山町では案山子の子どもたちが声援を送ってくれました。