ニュース

「アベ政治許さない」都議選翌日、県下各地で行動

午後1時「アベは辞めろ」とコールしながらポスターを掲げる参加者

 「アベ政治を許さない」のポスターを掲げる全国いっせい行動が3日、県下各地で行われました。

 憲法共同センターが呼びかけた徳島駅前の行動には約20人が参加。リレートークで参加者は口々に2日の都議選での自民党「大敗」を、「安倍政権への審判だ」と強調。午後1時に「アベは辞めろ」とコールしながらポスターを掲げました。

 徳島民商の伊藤功事務局長は、都議選の結果を「国民の怒りの表れだ」とのべ、「戦争する国に突き進む安倍政権にストップをかけよう。市民と野党の共闘を実現させよう」と呼びかけました。

 新婦人県本部の山田節子会長は「都議選の最大の争点は安倍政権への審判だった。国民の声も聞かず、憲法で定められた臨時国会すら開かない。憲法を守らない安倍政権は今すぐ退陣の声を広げよう」とのべ、共謀罪が施行される11日に行われる「怒りのレッドアクション」への参加を呼びかけました。

 徳島革新懇の横山良代表世話人は「都民ファーストの大勝とともに、日本共産党も躍進した事に注目する」とのべ、「都民ファーストは安倍政治批判をいっさい語らなかったが、候補者自身が『自民批判の追い風を受けた』と言っている。自民党政治を正面から批判した共産党の躍進は、この選挙の争点が安倍政権の是非だったことを示している」と解明しました。

 さらに「森友、加計学園疑惑に示されるように、安倍政権の腐敗は根深い。腐敗した政権はその座から追われるのが歴史の教訓だ。国政選挙では共闘を深め、安倍政権に審判を下そう」と訴えました。

「北朝鮮の暴挙に抗議する」ミサイル発射受け志位委員長が談話

 7月4日朝、北朝鮮から弾道ミサイルが発射され、日本海の日本の排他的経済水域内に落下したとみられています。

 これを受けて、日本共産党の志位和夫委員長は「北朝鮮の暴挙に抗議する」との談話を発表しました。

 談話の詳細はこちらからご覧になれます。

「JCPmagazine2017」のページを追加しました

 「JCPmagazine2017」のページを追加しました。

 「JCPmagazine」は日本共産党中央委員会が発行している若者向けの冊子で、なぜこんな世の中なのか、そして若者が輝ける未来ある社会にしていくにはどうすればいいのかを解説・提案するものになっています。

 格差と貧困、奨学金問題やブラック企業の問題など、若者を取り巻く環境は今、様々な問題に直面しています。そんな世の中を変えていくにはどうすればいいのか、いっしょに考えてみませんか。

 ページへのアクセスはこちらから、もしくはトップページ下部のバナーからどうぞ。

JCPmagazine2017

「どうなる日本 どうする東京」都議選2017特設サイト開設

 日本共産党東京都委員会は7月2日投票の都議会議員選挙に向けて、党都議団の政策方針を大きく4つの柱で分かりやすく解説した特設サイトを開設しました。

 サイトでは、「どうなる日本 どうする東京」をキャッチフレーズに、憲法・若者・子育て・豊洲移転の4つの視点から政策方針を解説。シンプルで分かりやすいページ構成で、誰でも見やすいページになっています。サイトへのアクセスはこちらから。また、日本共産党中央委員会HP日本共産党東京都委員会HPからもご覧になれます。

 東京都議選はどの選挙区も1票を争う大激戦となっています。日本共産党都議団の政策を多くの方に知ってもらい、この大激戦を勝ち抜いて、都議会での共産党のさらなる躍進を果たしましょう。

東京都議選・党首第一声

 東京都議選がきょう(6月23日)告示されました。これを受けて、日本共産党の志位和夫委員長は、新宿駅西口の街頭演説で党首第一声の訴えを行いました。

 また、訴えのもようは動画サイトでも生中継で放送されました。現在は録画が視聴可能になっておりますので、こちら、もしくは当HPのトップページ下部のイチオシ動画のコーナー、または日本共産党中央委員会のHPからご視聴ください。

 今回の東京都議選は都民の暮らしに直接関わるだけでなく、国政に対する審判を下す機会でもあり、次期国政選挙の前哨戦ともいえる重要な選挙です。

 この大激戦を勝ち抜き、都議会での共産党のさらなる躍進を果たして、希望ある新しい政治の実現へともに力を合わせましょう。

共謀罪強行採決に各共同団体が抗議

 共謀罪が強行採決された15日を前後して、「共謀罪の廃案をめざす徳島県実行委員会」など県下の共同団体が抗議行動を行いました。

共謀罪廃案めざす県実行委

共謀罪阻止を訴える(左から)共産党・久保氏、民進党・庄野氏、新社会党・高開氏、人権・平和センター・岩生氏、オール徳島・横山氏、(1人あけて)市民連合・山本氏

 「共謀罪の廃案をめざす徳島県実行委員会」は14日、共謀罪強行採決阻止を呼びかける緊急行動を行いました。

 民進党県連の庄野昌彦幹事長、日本共産党徳島地区の久保孝之委員長、新社会党県本部の高開千代子書記長、オール徳島の横山良代表、市民連合・徳島の山本純代表、徳島人権・平和運動センターの岩生大治議長がマイクを握りました。

ルール破る暴挙許さぬ 民進党・庄野氏

民進党県連の庄野晶彦幹事長

 庄野氏は「審議を尽くすのが議会の最低限のルールだ。委員会採決をとばすなど考えられない暴挙だ。ともに粘り強くたたかおう」と呼びかけました。

共闘で新しい政治を 日本共産党・久保氏

日本共産党徳島地区の久保孝之委員長

 久保氏は「物言えぬ社会で、戦争へと突き進んだ歴史を繰り返させてはいけない。市民と野党の共闘で安倍政権を倒し、新しい政治を作ろう」と訴えました。

国民全てが監視対象 新社会党・高開氏

新社会党県本部の高開千代子書記長

 高開氏は「いったん権力者から目をつけられたら、もう『一般の人』ではなくなり誰でも対象になる。廃止を求めて市民と野党は声をあげつづける」とのべました。

疑惑隠しの強行採決 オール徳島・横山氏

オール徳島の横山良代表

 横山氏は「森友、加計疑惑を隠したまま逃げこむための強行採決だ。自らのことは隠し、国民を監視する安倍政治を許してはならない」と力を込めました。

子どもに恐怖残すな 市民連合・山本氏

市民連合・徳島の山本純代表

 山本氏は「おかしな事を考えても、思いとどまることができるのが人間だ。共謀罪はそれを取り締まる。未来の子どもたちに恐怖社会を残してはならない」と呼びかけました。

忘れず声あげ続ける 人権センター・岩生氏

徳島人権・平和運動センターの岩生大治議長

 岩生氏は「とりあえず作れば国民は忘れると安倍政権が考えているとしたら大間違いだ。国民の声を聞かない安倍政権に、わたしたちは声をあげ続ける」と訴えました。

市民の声

 バス停で訴えを聞いていた小松島市の女性(63)は「国会審議はあまりにお粗末としかいいようがない。審議するほど誰が対象なのか曖昧になる」とのべ「戦前の治安維持法は良い社会を目指す人々を犯罪者とした。これを繰りかえすのか。あまりに時代錯誤だ」と怒りを込めて語りました。

徳島憲法共同センター

抗議行動を行う憲法共同センターのメンバーら

 徳島憲法共同センターは15日、強行採決に抗議する緊急の昼休み行動を行い約40人が参加しました。

 医労連の井上純書記長は、公安警察よる労組へのスパイ工作の実例を示し「今でもスパイ工作を行う警察に、共謀罪を与えたらその暴走は止まらない。安倍政権を倒して、直ちに共謀罪を廃止させよう」と呼びかけました。

 国民救援会の松浦章仁事務局長は「共謀罪ができても、私達には憲法がある。自公を少数に追い込むたたかいをひろげよう」と呼びかけました。

1000人委員会も抗議

共謀罪廃止の新しい政権を呼びかける大西氏

 「戦争をさせない1000人委員会徳島」は15日夕、共謀罪の強行採決への抗議行動を徳島駅前で行い約40人が参加。抗議のビラ500枚を配布しました。

 同委員会呼びかけ人の徳島人権・平和運動センターの岩生大治議長、同事務局長で昨年の参議院選挙の徳島・高知選挙区で野党統一候補としてたたかった大西聡弁護士、市民連合・徳島の山本純代表がマイクを握りました。

 大西氏は、「自由にモノが言えてこそ、誤りがあっても正すことができる。共謀罪は政府批判は止めておこうという萎縮効果を生む。これは民主主義の敵だ。共謀罪の運用を許さず、新しい政権をつくって廃止させよう」と呼びかけました。

「きんじぃの世の中教室 憲法9条編 第2回」を追加 !

 「きんじぃの世の中教室 憲法9条編 第2回」を追加しました。

 前回の続きで、安倍首相の9条改憲発言の問題点を解説しています。日本共産党徳島県委員会のオリジナルキャラクターたちによる、会話形式の分かりやすいお話となっていますので、ぜひご覧ください。

 ページへのアクセスはこちらから、もしくはトップページのバナーからどうぞ。

きんじぃの世の中教室