/* css自動更新 */
ニュース

新型コロナ対策チームニュース No.6

日本共産党徳島県委員会は、全県で聞き取り調査に取り組んでいます。活用できる制度を知らせ、要望を国、県、市町村に届けています。

このままでは倒産の危機 「自粛と一体の補償を」

■徳島地区では

14日、船越、 古田両徳島市議、上村前県議らが製パン会社、卸売市場、学童保育所と懇談。

  • 製パン会社の社長は「休校で収入は9割減。給食納入業者がつぶれたら、学校再開でどうなるか。支援を」と訴え 。
  • 卸売市場の場長は「高級な魚類は、飲食店の注文がなく困っている」と語る。
  • 学童保育所の指導員は「感染すれば閉鎖になる。密集を避けるために保護者にお休み協力をお願いしている」と話しました。

■阿南地区では

14日、小松島市の認定こども園、漁協などを訪問。

  • こども園の園長は「先生用マスクは支給されたが、子ども用のマスクがほしい」と要望しました。
  • 漁協の役員は「5月からハモのシーズンで例年なら3億円の売上がある。京阪神が大消費地なので全滅のおそれがある」と語る。
  • 学童クラブの主任支援員は「消毒液やペーパータオルが不足」と話しました。

■阿北地区では

16日、岡田吉野川市議らが観光バス会社と懇談しました。

  • 会長は「30台のうち2台しか動いていない。税や保険料の免除をしてほしい」と訴えました。

緊急小口資金で「助かった」と喜びの声

  • 徳島市の居酒屋:3月以降お客は激減。ローン返済にも困っていた。6日に申請すると9日に20万円が振り込まれて助かった。
  • 北島町の居酒屋:申請後申請後すぐに貸付が受けられた。同業仲間にも勧めている。

※緊急小口資金最大20万円を貸付。非課税世帯の返還免除あり

PCR 検査と医療体制の拡大・充実を

徳島県での新型コロナに関する相談数は9790 件に対しPCR 検査数は336 件しかありません(4月19日現在)。四国四県はもちろん全国最低クラス。大規模検査への転換と医療体制の拡大・充実が急務です。

徳島県 336
愛媛県 819
香川県 967
高知県 1167
(4月19日時点)

ニュースのダウンロードはこちら

白川よう子より新年のご挨拶を申し上げます

白川よう子

 新年あけましておめでとうございます。

 「年明け早々の解散・総選挙」の可能性もあり、緊張感に包まれた新年となりました。これまで歩んできた私自身の人生のすべてをかけた闘いで、四国の議席の奪還を必ずやり遂げる決意です。

 安倍政権は戦争法、TPP承認案、年金カット法案、カジノ法案と次々強行採決を繰り返し国民の意思も憲法も踏みにじる暴走政治をつづけています。

 昨年は戦争法廃止の闘いの中で、市民と野党の共闘が広がりました。次の総選挙はこの闘いを本格的な共闘へと進め、日本共産党の躍進を大きく勝ち取り安倍政治を終わらせる選挙戦です。

 私は福祉を学び、医療現場で働いてきました。医療従事者は「目の前の命」を救うために毎日必死です。「自らの白衣は患者を救うために汚すことはあっても、戦場の血で汚すことは決して繰り返さない。」これが共通の思いです。

 自衛隊が新任務をもって派遣された南スーダンでは「人が動物のように殺されている」状態です。戦争は人の命を粗末にする最たるものであり、絶対に許せません。

 昨年末には高知県沖で米軍戦闘機の、そして沖縄ではオスプレイの墜落事故が起こるなど異常な事態が起きています。こうした問題は基地強化の中で起こっており、オレンジルートでの米軍の低空飛行訓練などをしっかりとストップさせるための議席が四国に必要です。

 この米軍の横暴なふるまいと一体に防衛予算が大きく位置付けられ、その一方で命や暮らしを守る予算が切り捨てられています。医療・介護、年金、社会保障、子どもや若者のための予算や政策が今、何より求められています。

 「すべての人が幸せに生きられる社会」をつくる――私は自分自身の生い立ちから得たこの人生の大きな課題を日本共産党の大躍進で作り出していきたいと思っています。

 15日から開かれる第27回党大会を大きく成功させ、国民の皆さんの声にしっかりと応えることのできる党への成長が求められています。私自身も党勢拡大にさらに邁進します。「with YOU」の気持ちひとつに、今年も力を合わせましょう!

衆院小選挙区予定候補を発表しました

日本共産党徳島県委員会は記者会見を開き、

衆議院小選挙区1区予定候補に山本千代子さん

2区予定候補に久保孝之さんを発表しました。

山本千代子1区予定候補は、健生病院で働き入党した経緯を語り「若者も高齢者も安心して暮らせる社会」「戦争法を廃止し自衛隊員を戦場に送らせない」と決意を語りました。

久保孝之2区予定候補は、「アベ暴走政治をストップさせたい」「TPPの批准反対、戦争法廃止、憲法をまもる政治」「原発再稼働反対」を訴えたいと決意を語りました。

大西氏の推薦を決定

大西聡徳島・高知選挙区予定候補の「推薦」決定について

 27日、党徳島県常任委員会で大西聡徳島・高知選挙区予定候補の「推薦」を決定しました。

 3月9日に合意確認書と野党4党の協定書を結びましたが、すでにこの段階で党高知県委員会は「推薦」を決定しました。また、党中央は、「推薦」をこの段階で了解しています。
 党徳島県常任委員会は、26日の政策発表でひろい政策合意が結ばれたことをうけて、慎重に検討し、27日の県常任委員会で「推薦」を決定しました。
 これで、両県の「推薦」決定の手続きが完了しました。

わが党と党後援会員、支持者に「推薦」を徹底することによって、わが党の決意と構えを示し、大西聡氏の勝利のために、わが党としてできうる最良の体制を築くために「推薦」を決定したものです。

2016年4月28日
日本共産党徳島県委員会

大西聡氏が市民・野党の統一予定候補に

2016.3.19参院野党統一候補記者会見 035 徳島・高知両県の日本共産党、民主党、社民党、新社会党の野党4党は3月9日、弁護士の大西聡氏(52・無所属)を、夏の参議院選挙での徳島・高知選挙区の野党統一予定候補とすることで合意しました。

 同日、「オール徳島」(立憲主義と民主主義をとりもどし安保関連法案を廃止させるオール徳島)と、「高知憲法アクション」(戦争させない、戦争に行かない高知憲法アクション)の代表と、大西聡氏が「合意確認書」を結びました。
 同確認書では、次の4点が確認されました。(要旨)
①「安全保障関連法」の廃止、集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回、立憲主義と、民主主義の回復のために国会内外で全力をつくす。
②無所属候補として当選に全力をつくす。
③当面は無所属議員として原則的な姿勢を堅持する。
④安全保障関連法の廃止へ、いかなる妥協も許さない。
 この合意を「高く評価する」として、ただちに両県の4党による協定書が締結され、野党共闘が実現しました。
 協定式には両県の市民らがかけつけ、会場に入りきれず、廊下まであふれる熱気でつつまれました。
 日本共産党の上村秀明徳島県委員長は、「両県の市民団体の合意形成にむけた努力に心から感謝する。合意にはまったく異存はない。戦争法廃止、立憲主義回復には国民的な大義がある。この合意にたって、わが党も大西氏の勝利へ全力をあげる」とあいさつしました。
 同党の佐竹峰雄高知県委員長は、「市民の力で今日を迎えることができた。大西氏は両県の願いを託せる人だ」とのべました。
 民主党の仁木博文徳島県連代表は「(独自候補を下ろすという)共産党の英断と、市民団体の尽力に感謝する。スタートラインに立つことができた。野党がバラバラでは勝てず、戦争法の危機を現実のものにしてしまう。これは絶対に許してはならない。日本の真の民主主義をとりもどす、負けられないたたかいだ。野党のみなさんと市民が力をあわせてともにたたかおう」と呼びかけました。社民党、新社会党の両県代表も全力でたたかう決意を表明しました。

みかじり氏は比例に「大西氏に切符託す」

2016.3.19参院野党統一候補記者会見 332 日本共産党の、みかじり亮子氏は「候補者の統一ができたことを心から嬉しく思う。国会への切符を大西氏に託す。私は比例予定候補として大西氏を必ず国会に送るために全力をつくす。国民の声にこたえる新しい時代をともに切りひらこう」とあいさつし、大西氏に花束を渡し、ガッチリと握手をしました。

「命がけで勝利する」 大西氏が決意表明

 決意のあいさつにたった大西氏は、「安倍政権は憲法改正へその本性をむき出しにしている。憲法は320万人の日本人、2000万人ものアジアの人々の犠牲の上にできた、血と涙の結晶だ。憲法を守るために、命がけでたたかい、必ず勝利する」と強調、「安保法制はアメリカの戦争に参加するためのものだ。、自衛隊の若者の命、外国の人々の命がかかっている。廃止させなければならない。憲法にもとづく政治をとりもどそう」と力を込めて訴えました。

他の政策でも一致点で。政策協議開始を確認

2016.3.19参院野党統一候補記者会見 260 大西氏は、格差と貧困の拡大の一方で、大企業の内部留保が300兆円にのぼっている事実を示し、「ヨーロッパでは実現している、企業も労働者もともに発展する社会が、日本でできないわけはない」と社会的規制の必要性を訴えました。
 さらに、「食料自給率が15%まで落ち込む」とTPPを批判。「農業、林業など1次産業に国が支援をおこない、産業の基盤にすえる必要がある」とのべました。
 また、消費税10%増税について「消費税は社会保障に使われていない」とキッパリとのべ「国民生活の現状をみれば、先送りもありうるというのが私の意見だ」と表明しました。
 「オール徳島」の横山良代表は、「安倍政権の暴走はあらゆる分野に及んでいる。アベ政治を許さないとの国民の運動の広がりで、かなりの政策課題で一致できるのではないか」と期待を寄せていました。
 4党は今週にも政策調整の協議に入る予定です。

(写真・記事提供:徳島新報社)

藍住町議選告示、林しげる候補勝利へ全力

2016.2.9藍住林茂出陣式 020 14日投票で行われる藍住町議選(定数16)が9日告示され、日本共産党は林しげる候補の必勝に全力をあげています。
 同町議選には現職10人、元職3人、新人6人が立候補、3人はみ出しの大激戦になっています。
 9日朝行われた林候補の出陣式には65人が参加しました。
 久保孝之地区委員長は「戦争法廃止、憲法を守れの声を届けられる唯一のの議席、くらしを守る議席を必ず勝ちとろう。これまでの延長線では勝てない大激戦だ」と支援を呼びかけました。
 地方議員団を代表しあいさつした達田良子県議は「林候補は、くらし子育てに頑張ってきたからこそ、意図的に『大丈夫論』が流される。これに打ち勝つ奮闘でこそ勝利できる」とのべました。2016.2.9藍住林茂出陣式 079
林候補は、「国保加入者の7割が所得100万円以下、払えないのに過酷な国保税の取り立てが行われている。5000万円あれば1世帯1万円の引き下げができる」とのべ、学校給食への半額補助、こどもの医療費無料化の高校卒業までの拡大などの政策を訴えました。
 そして、「文化ホールに38億円、下水道に24億円を投入する。これをあたらめ、町民会館の耐震化や、合併浄化槽に切りかえれば、大幅に安くでき、くらしを守る財源は十分につくれる」とのべ、「くらしを守り、戦争に反対する日本共産党の議席を守らせて下さい」と訴えました。2016aizumi-hayashi2016.2林茂はがきウラ

2016.2林茂はがきオモテ