06月

穀田国対委員長が応援。明日(13日)は春名氏が来県

穀田恵二党国会対策委員長が訴えました。

穀田氏とともに訴える山田候補

穀田氏とともに訴える山田候補

 本日、穀田恵二党国会対策委員長が、山田豊候補の応援に急遽徳島入り。山田豊候補とともにJR徳島駅前など、徳島市内2ヶ所で訴えました。
 昨日の夜に決まった日程にもかかわらず、160人が集まりました。

徳島から暴政政治に審判下す…山田候補

 山田候補は「安倍政権の戦争をする国づくりに、国民に不安の声が広がっている。選挙で審判を下せるのは徳島だけ、必ず全国の期待にこたえる」とのべ、さらに「オール与党の県政に審判を下そう。勝利のためにあと一回り大きなご支援です。自民党の2議席独占を許す訳にはいかない、私も死力を尽くす。なんとしても勝たせて下さい」と訴えました。

 

2014.6.12穀田応援演説 060

山田候補議会にと訴える穀田氏

全国注目の選挙、山田勝利へ力を…穀田氏
  
 「なぜこの選挙が注目されるのか」と語りかけた穀田氏は、「くらしや憲法を破壊し、原発再稼働をねらう安倍政権の暴走に、多くの方が『危ない』『怖い』『このまま暴走させたらどないなるかわからん』と危惧しているからだ」とのべ、「この暴走を止められるのは日本共産党だけだ」と訴え、3つの問題で党の値打ちを語りました。
 「安倍政権は、集団的自衛権行使容認をこの国会中に閣議決定しようとしているが、軍事一辺倒で外交がない。憲法9条は、二度と戦争はしないという世界への公約。それをないがしろにしようというものだ」と厳しく批判しました。
 そして野中広務氏、古賀誠氏、加藤紘一氏ら自民党の重鎮が「しんぶん赤旗」紙上で声をあげるなど各層・各界に「この道は戦前の日本への道だ」と批判の声をあげたことを紹介。「著名人だけでなく、国民・市民の中で平和のための共同が広がっている」と述べ、「ありえない想定」で、国民を騙し脅す安倍政権の手法を一つひとつ解明しました。さらに「このごまかしが暴露されると今度は『限定的にやる』と言い出した、しかし第二次世界大戦のつながる一連のあの戦争も『限定的出兵』で始まった。歴史で証明済みだ」とのべ「憲法をなきものにしようとする勢力に、正面からたたかう日本共産党の山田豊への1票が平和への確かな道だ」と訴えました。

2014.6.12穀田応援演説 086

穀田氏の訴えを聞く人々

「二つ目はくらしの問題。消費税増税に多くの人が苦しみ、中小零細企業は身銭を切っている。給料は25ヶ月連続で減少。その一方でトヨタは税金を5年間納めていなかった。その上『増税も楽しからずや』の広告。営業利益が2兆3000億円もある日本を代表する企業が税金を払わない。増税するならここからだ」と述べると大きな拍手が。「そのトヨタが自民党政治協会に毎年5140万円の献金している。経団連が『政治献金を再開する』と言うと、翌日に自民党税調は『法人税を引き下げる』と宣言した。癒着以外のなにものでもない。許せないという庶民の怒りの一票を山田豊に」と呼びかけました。

聴衆の声援に答える2氏

聴衆の声援に答える2氏

「3つ目は原発。安倍政権は再稼働にひた走っている。日本共産党はみなさんとともに原発が作られる前から反対を貫いてきたただ一つの党だ」と訴え、55年の原子力基本法に唯一反対し、住民とともに原発立地を止めてきた党のたたかいの歴史を紹介しました。さらに06年の「福島第一原発が地震・津波に襲われたら、電源喪失、メルトダウンする」と警告した吉井質問をあげ、「それが3・11で現実になった。7年前のこの警告がなければ、あの事故は『偶発事故だ』とされただろう。この質問がいま国民のたたかいの立脚点となっている」とのべました。

 そして「暮らしを守る上でも、平和を守る上でも、原発再稼働をストップさせる上でも、日本共産党がのびることが必要だ」と訴えました。
 また、「県政にとっても、日本共産党の議席がのびることが必要だ」とのべ、「大型開発には血道をあげ、莫大な借金をつくり事業はみんな失敗。にもかかわらず、また大型開発に突き進もうとしている。そのツケを県民に押しつけ、高い国保・介護などで暮らしと命を破壊している。それにストップをかけられるのは日本共産党の議席しかない。またゆがんだ同和行政にモノを言うには勇気が必要。日本共産党議員のいない委員会では、わずか5分で誰も発言せずに審議が終わる、これでは議会が議会でなくなる。県民の要求を背景に運動をひろげたたかってきた実績豊かな、日本共産党の山田豊の議席を取り戻させて下さい。担い手を最後の最後まで増やして、暴走する自民党の2議席独占をストップさせて下さい」と訴えました。

 

山田候補の訴えの動画はこちらから

 

演説終えごあいさつ

演説終えごあいさつ

街角演説会でも激励受ける

 今日、山田候補は市内一円を街頭演説。大原町では2ヶ所で「街角演説会」どこでもたくさんの人が出てきてくれ、激励を受けていました。

明日(13日)は春名元衆議院議員が応援に

明日は、春名なおあき元衆議院議員が応援に駆けつけます
 12:15~JR徳島駅前
 13:10:健生病院前
山田候補とともに訴えます。

 

春名なおあき

春名なおあき元衆議院議員

明日の山田候補者カーの主な予定

 午前中は八万、富田、新町など各所で街頭演説
 午後2時までは上記とおり
 14:30末広住宅前
 15:30山田事務所前
 16:20加茂名秋田氏住宅前
 16:40鮎喰公会堂前
 17:10県営名東団地前
 18:00島田秋葉神社前
 18:30島田山本千代子氏住宅前

もちろん、その他の場所でも随時、街頭から訴えます。
春名氏は夜8時まで徳島でがんばります。

県元幹部も、保守系元県議宅でもエール

身をのりだして声援におこたえ

身をのりだして声援におこたえ

 今日、山田候補は午前中は沖洲、渭東、富田、内町、新蔵…市内各所や、佐那河内をまわり街頭演説、あいさつ周りと寸暇を惜しんでの奮闘です。
 午後には、金比羅神社前と、内町診療所前で「プチ街角演説会」

2014-06-11 17.00.33

プチ演説会のあとご挨拶

 今日も様々なドラマがありました。
 県庁の元幹部は、山田候補の街頭演説にクルマを止めて握手を求め「がんばって欲しい」と。議場では元幹部は当然知事側。大激論を交わしてきた方からの熱烈なエールでした。

イレブンアクションで原発ゼロっを訴え

イレブンアクションで原発ゼロを訴え

 夕方、合間をぬって、原発ゼロ徳島連絡会が毎月定例で行っている「イレブンアクション」に。同会幹事・山田豊として大飯原発差し止めの画期的な判決にふれ「判決が指摘した250キロ圏内に日本全土がほぼつつまれる。原発の再稼働は許されない。みなさんと力を合わせて原発ゼロの日本を」と、伊方原発再稼働中止を求める署名をよびかけました。

 

 夜は党と後援会の決起集会で、「戦争をする国づくりへの怒り、不安が広がり、トヨタの『増税もまた楽しからずや』の広告の話をすると商売人も市民も驚き怒る」とのべ、これまで民主党を支持して来た人々からも次々と期待の声が寄せられていることを紹介し、参加者を驚かせました。
 その上で「論戦はかみ合っているが、それだけで勝つことはできない。今の政治に怒りや、不安を持っている人に投票してもらうためには、対話が大事。みなさんの力を貸して下さい」と訴えました。
 さらに、「安倍政権の暴走に、国民は怒りと不安を広げているが、審判を下すことができない。徳島はその審判を下す事ができる、全国注目の選挙です。必ず勝利し全国の期待にこたえる」と決意を込めました。

決起集会で訴え

党と後援会が緊急の決起集会

 上村秀明県委員長が選対本部の報告を行い、冒頭、「残り4日、短く感じるかも知れないが、町村議選挙なら告示2日目の序盤戦の時期。まだ一勝負も二勝負もできる、燃えるような奮闘で、必ず議席奪還を」と呼びかけました。
 そして、安倍政権の独裁的な暴走は、戦争をする国づくりでも、消費税でも、あらゆる問題で国民の怒りの広がりに「焦り、急いで」のものであることを解明し、「追い込まれれているのは安倍政権。自共対決の情勢はいよいよ鮮明。反戦平和を貫いた党の真価を発揮しよう」と呼びかけました。
 さらに、「暴走政治がこわい、戦争はイヤ、消費税増税はたまらない…どんな声にも『自民2議席を許していいのか。やっぱり一人は共産党』との論戦がかみ合い、共感を呼んでいる」とした上で、「組織活動の遅れを残る4日でとりもどそう」と呼びかけ、
①ハガキを出したところ、後援会などすべてのつながりに「広げて」と電話も使って依頼する。テレデータを使っての「声の全戸訪問」を広げる。
②12日の穀田国対委員長の街頭演説の成功と、13日の春名元衆議院議員の来徳も活用し地域で無数に街角演説会を開く。
③メガホン、プラスターなどで党の勢いを示す。
④棄権防止活動を今から準備する。
との4つの行動提起を行い「安倍政権への不安が広がっているだけに、対話すれば支持はどんどん広がる。山田勝利で安倍暴走政治への審判をとの全国の期待にこたえよう」と呼びかけました。
 その後、4人が発言、「街角演説会の成功との経験と、そのカギはどこにあるか」「電話作戦の有効性の経験」などが交流されました。
 テレデータで保守系の元県議宅へ電話すると、元県議の妻が「集団的自衛権など今の自民党は許せない、いいこと言うのは共産党の山田だけ、元県議が帰ってきたら『今度は山田だ』と伝えます」と対話になったことも紹介されました。

穀田議員質問

穀田党国対委員長

(急遽入った穀田演説会。そのため候補者カーの運行予定も変わります。選挙事務所現在も必死の作業中、決まればHPを更新します)

(写真・記事提供:徳島新報社)

緊急!明日(12日)穀田国対委員長が応援に

明日(12日・金)緊急に、穀田恵二党国会対策委員長(衆議院議員)も徳島に来ることになりました。

2013.6.23穀田演説会 087

穀田恵二・党国対委員長

午後5時10分から 旧丸新デパート前(東新町)

午後5時40分から JR徳島駅前

山田豊候補も、ともに訴えます。

(時刻が変更され2ヶ所で行うことになりました。すでにHPにお越しいただいたみなさん。申し訳ありません)

13日、春名なおあき元衆議院議員が応援に

春名なおあき元衆議院議員が、県議補欠選挙の応援に徳島にやってきます。

6月13日(金)12:15~13:00

JR徳島駅前で訴えます

名称未設定 1

13日夜まで春名さんは徳島に、その他の日程は決まり次第お知らせします。

(注意:「ニュースを読む」と約束してくれた「後援会員」には自由に配布できます。無差別配布はできません。Twitter、facebook、などのSNSでの発信は自由にできます。HPやブログでも掲載できますが、連絡用メールアドレスの記載、もしくは「問い合わせフォーム」などが必須です)

「私も支持広げます」(11日の主な予定も)

2014-06-10 12.23.06

街頭から訴える山田候補

 本日山田候補は午前中、応神、川内、加茂、渭北と。午後は佐古、名東、加茂名、法花、西都賀、丈六と市内各所をまわって街頭宣伝とごあいさつ。
 「いつもは、あまり反応のない地域なのに、ビンビン反応が返ってくる」と山田候補も驚きを隠せません。この情勢の変化が候補者の元気の源になっています。

 

 

県民医連の学習会で講師 街頭宣伝の合間を縫って、県民医連主催の「情勢学習会」の講師に。
 徳島は全国で2番目の借金県になっていること。ムダな大型公共工事金の使い道を正せば県民の暮らし、生活、命と健康のための予算はできることを丁寧に説明。
 また、医療・介護で働く人の過酷な環境と、まじめな医療機関の経営難の背景に、国の悪政があることを、わかりやすく解明しました。
 そして、安倍政権の暴走政治にストップをかけ、国民・県民の命とくらし、健康が最優先にされる政治へ転換させるための共同を呼びかけました。

クルマを止めて握手を求められました

クルマを止めて握手を求められました

 たった今、県委員会の事務所にも、「戦争をする国にするのだけは絶対にとめないといけない。いま2人に支持をひろげました。『もう共産党しかない』というと『必ず入れます』と即答してくれました。なんとしても勝って欲しい、私ももっと広げます」とうれしい電話が。
 今回の選挙、自らの思いで支持拡大をおこなう「勝手連」のような動きがあちこちで始まっています。

明日(11日)の山田候補者カーの主な予定

午前中は沖洲・渭東方面各所で街宣
午後は佐那河内で街宣後、富田、内町方面へ
夜は新蔵、富田方面へ

街角プチ演説会は

 16:30金比羅神社前
 16:50内町診療所前

もう一つ原発ゼロ徳島幹事として外せません

毎月定例の原発ゼロ徳島の「イレブンアクション」
17:30~JR徳島駅前で。もちろん山田候補も参加します。

候補者も驚く「激変」の情勢(明日10日の候補者カーの予定を追加)

 山田候補は今日は、上八万地域や国府地域などで「街角演説会」などでフル回転。

街角演説会のあと激励をうける山田候補 ある地域では、集落のほとんどの世帯の方が参加してくれました。
 国府町の事業所前でも「従業員の人が出てきてくることはあるが、近所の人がこぞって参加してくれた。これまで様々12回選挙をたたかってきたが、こんな事は初めて」と山田候補も興奮気味です。
 89年の徳島市長選挙で現職を相手に、党公認候補として4割の得票を得て、当時の自民党政権を震撼させた、山田豊候補。その山田豊候補をして「初めて」と言わしめる情勢の激変が起こり始めています。

2014-06-09 09.32.11

街角演説会で訴える山田候補

 「安倍政権の『戦争をする国づくり』は許せない」との声がどこでもよせられます。
 ある80代の方は、「共産党は戦前牢獄につながれても戦争反対の節をまげなかったんだろう。もう安倍政権の暴走を、戦争をする国への道を止められるのは、あんたの所しかない。がんばってほしい」と。
 「原発なくすために勝って欲しい」と宣伝カーに駆け寄る女性…。

 民主党を支持してきたという人からも「もう共産党しかない、山田を頼むと広げています」と。「勝手連」的に支持の輪を広げて下さる方が増えています。

 

笹岡氏の応援を受ける山田候補

 笹岡まさる党国会議員団四国ブロック事務所長も、山田候補の応援に徳島に来てくれました。

最終盤の後援会ニュースができました。

選挙後援会ニュース

選挙後援会ニュース

(注意:「ニュースを読む」と約束してくれた「後援会員」には自由に配布できます。無差別配布はできません。Twitter、facebook、などのSNSでの発信は自由にできます。HPやブログでも掲載できますが、連絡用メールアドレスの記載、もしくは「問い合わせフォーム」などが必須です)

 

明日(10日)の山田候補者カーの運行予定

8:00川内、9:00応神、10:00加茂、11:00渭北、13:00佐古、14:00名東、16:00法花、17:00西都賀、18:00丈六…のコースで回り、各所で街頭から訴える予定です。
(コースは運行状況や交通事情などで変更されることがあります)

日曜日、「山田候補駆ける!」(明日9日の予定も追加しました)

びっくり日曜市の会場前で訴える山田候補 選挙戦、はじめで最後の日曜日。
山田豊候補は、問屋町の「びっくり日曜市」でスタート。
約300店が出店し、来場者約2万人の徳島最大のフリーマーケットです。

 

「びっくり日曜市」であいさつをする山田候補

 山田候補は、朝7時過ぎから「日曜市」をまわって、出店者・来客者にごあいさつ。あちこちで激励をうけました。
宣伝カーの音が出せる8時になってから、入り口付近で訴えを行いました。

 山田候補は夕食の時間も惜しんで、午後8時までマイクを握りつづけました。
 県委員会事務所に、「先ほど電話をもらった者です。なんとしても山田さんに勝って欲しい。近所の方に『山田さんをたのみます』と広げました。がんばって下さい」との電話が。「声の全戸訪問」、効果を発揮しています。
暴走する自民党の2議席独占ゆるすな。やっぱり1人は共産党。山田豊。
解釈改憲許さず、憲法を守るなら、やっぱり1人は共産党。山田豊。
消費税10%ストップ願うなら、やっぱり1人は共産党。山田豊。
命とくらしまもる県政へ、やっぱり1人は共産党。山田豊。
あなたの大切な1票を、山田豊にお願いします。8時ぎりぎりまで、訴え

山田候補者カーの明日(9日)の運行予定

午前8時頃入田・上八万方面へ、各所で街頭演説
  以下の時間・場所で街角演説会
 9:30樋口住宅前
  10:00花房

午後は沖州・渭東方面、16:00頃から国府方面の各所で街頭演説
 以下の時間・場所で街角演説会
 16:30小林ゴールドエッグ前
 17:00桜間
 17:35山田理髪店前
 18:00森本商店前
 19:00島田タクト前
※18:00に高知県の笹岡まさる氏が応援弁士に入ります

(街角演説会の時間は候補者カーの運行状況、交通事情により前後することが予想されます。ご容赦ください)

2014-06-08 07.50.56

来客者にもごあいさつ

初めての選挙「山田さんを選びます」

名称未設定 3

炎天下で訴える山田候補

 告示2日目の7日、山田豊候補は、各地で街頭から訴えました。
 6月初旬とは思えない暑さが続いています。山田候補は携帯型熱中症計をポケットに入れ、熱中症対策も万全です。(これ、建設労働組合で購入したもの。建設労働者には必須アイテムです)

 街頭で訴えていると、激励がたくさん寄せられます。
自転車で駆けよってきて握手を求める人。訴えを聞きに、わざわざ家を出てきてくる人。今年20歳になったという青年は、「山田さんに投票します」と。人生初めての選挙で日本共産党の山田豊を選んでくれました。
ある方は、「吉野川下流域農地防災事業が当初550億円だった事業費が、約3倍の1555億円になっていると古田県議から聞きました」と、鉄道高架、新町西再開発にも多くの方が怒りや、疑問の声を寄せてくれます。自転車で駆け寄って激励してくれました
 
 「ムダを削って、暮らしと福祉にまわせ」…。この住民の声は、知事言いなりの「オール与党」議員では届けられません。議会のチェック役として県政をただし、対案を示す日本共産党の議席を増やさせて下さい。
 「やっぱり1人は共産党。今度ばかりは『山田豊』に入れよう」の声を広げて下さい。

車内からも自らマイクを持って訴え