女性たちがレッドアクション

女性たちがレッドアクション

共同で戦争法反対

11209667_350943321779705_7732794028970311386_n

戦争法案が閣議決定されようとする14日正午、赤い服やスカーフなど、赤で身を染めた女性たちがJR徳島駅前にあつまりました「戦争はゆるしません!」「憲法九条を守ります」と訴える「女性のレッドアクションIN徳島」です。

同行動は全国各地で行われました。徳島の行動は、支持政党や思想・信条の違いを超えて団体・個人が結集している「特定秘密保護法案廃止!女性たちの怒りの行動」が呼びかけたものです。

新日本婦人の会の山田節子会長は、「戦争法案は、いつでも、どこでも自衛隊が海外で戦争をする国にするものだ。女性も男性も共同を広げよう」と呼びかけました。

「怒りの行動」の諏訪公子代表呼びかけ人(県女性協議会前会長)は、「今の憲法の下で平和に生きる権利がある。これを壊すことは許されない。先の大戦の深い反省に立ってつくられた憲法9条が、安倍政権によって壊されようとしている。日本が軍国国家になってしまう。軍事で平和を守ることはできない。戦争法案は絶対に阻止しなければならない。子や孫に平和な日本を残すためともに行動しましょう」と呼びかけました。

県人権・平和運動センター女性協議会、治安維持法国賠同盟女性部、アイ女性会議、日本共産党議員団など幅広い人々がリレートークを行ったあと、全員で「憲法改悪絶対やめて。おためし改憲なんてとんでもない。平和がいいね9条守ろう」とコールしました。

« »