吉野川市議選告示 岡田光男候補が出陣式

吉野川市議選告示 岡田光男候補が出陣式

岡田光男候補出陣式の様子

 吉野川市議選が7日、告示されました。14日投開票です。

 日本共産党は岡田光男候補を擁立し、5期目の議席確保に全力をあげています。

 定数20に対し、21人が立候補、1人はみ出しの少数激戦となっています。

 7日朝の出陣式には地元の人々ら100人を超える人々が集まりました。

応援に駆けつけた白川よう子衆院四国ブロック予定候補(右)と岡田光男候補

 白川よう子衆院四国ブロック予定候補も応援に駆け付け、「安倍首相は2020年までに憲法改正と言い放った。日本共産党の勝利で審判を下そう」と呼びかけました。

岡田候補の支持を訴える槙納謙司元吉野川市議(右)と岡田光男候補

 元吉野川市議(無所属)の槙納謙司さんは、「国を見ると考えられない方向に進んでいる。日本共産党が勝利することで、総理に国民の思い示そう」とのべ、「岡田さんの議席は、地元に、そして吉野川市になくてはならない議席だ」と力強く訴えました。

 上村秀明県委員長は、岡田候補の抜群の実績を示した上で「だからこそ、他の陣営は『大丈夫だから1票まわして』と切り崩しに来る。率直に言って取り組みは遅れている。やるべき事をやり抜いてこそ勝てるのが選挙の鉄則だ。地元の皆さんの大きなご支援で押し上げて下さい」と呼びかけました。

支持を訴える岡田光男候補

 最後に決意のあいさつにたった岡田候補は、「市民から『あんな大きな施設が必要か』と疑問の声が上がっているアリーナ建設は、いったん凍結させる」と力を込め、国保税の引き下げ、高卒までの医療費無料化、住宅リフォーム助成の創設などの政策をのべ、「1週間のたたかいに4年間の吉野川市がかかっている。市民のくらしを守り、街を活性化させるため何としても勝ちぬかせて下さい」と訴えました。

« »