/* css自動更新 */
「参議院選挙の結果について」日本共産党徳島県常任委員会が声明を発表

「参議院選挙の結果について」日本共産党徳島県常任委員会が声明を発表

参議院選挙の結果について

2013年7月23日 日本共産党徳島県常任委員会

(1)
 7月21日投開票された参議院選挙で、日本共産党は比例代表選挙で「5議席絶対確保」の目標を達成し、選挙区でも3選挙区で勝利し改選前の3議席から8議席へ大躍進しました。非改選とあわせて11議席となり、議案提案権を獲得し、今後の国会活動に大きな意義を持つものとなりました。
 比例代表選挙では、全国的には515万4千票(9・68%)を獲得し、前回参議院選挙を159万票、昨年の衆議院選挙を146万票上回りました。また、選挙区でも東京、大阪、京都で議席を獲得し、沖縄ではわが党推薦候補が当選をはたしました。
 徳島県の比例得票は、2万5086票(8・12%)で前回票を5741票、昨年の衆議院選挙を5千620票のばし、目標(5万4千票)にはおよびませんでしたが、全国の比例5議席獲得に貢献することができました。
 選挙区票は、自民も民主も前回票を減らすなかで、2万9733票(9・55%)で前回票を1万1844票(前回比1・67倍)、昨年の総選挙の3小選挙区の合計票から1369票のばし、「善戦・健闘」といえる結果を実現することができました。
日本共産党にご支持をお寄せいただいた有権者のみなさん、猛暑のなかで大奮闘していただいた支持者、後援会員、党員のみなさんに、心からお礼を申しあげます。

(2)
 国政選挙で、日本共産党が議席を伸ばしたのは、1998年の参議院選挙以来で、15年ぶりです。
 わが党は、1970年代、90年代後半の2回にわたって、国会議席の大幅増をはたすなど〝躍進の波〟をつくりだしてきました。今回の東京都議選と参議院選挙の躍進は、〝第3の躍進の波〟のはじまりともいうべき歴史的意義を持つものです。
 この十数年にわたる「2大政党づくり」「第3極」などの反共シフトに抗しての、全党の不屈の活動の積み重ねが実ったものです。
 困難にたじろがずに不屈の活動をすすめてきた党員、後援会員のみなさんに心からの敬意を表するとともに、開始された躍進の流れをさらに大きく発展させるために、決意新たに奮闘することを呼びかけます。

(3)
 参議院選挙の政策論戦では、「安倍政権の暴走」に「正面から対決」し、新しい政治をめざす「建設的な対案」を示してたたかいました。景気・経済、原発、憲法、外交の4つの分野について、「4つの転換」を提案して奮闘しました。
 自民・公明が過半数を確保し、「ねじれが解消した」といわれていますが、国民多数の声と自民党政治との「ねじれ」はますます深刻になっています。消費税増税問題、原発再稼働、憲法9条改定、TPP交渉参加問題、米軍基地問題など直面する重要課題をめぐって、安倍政権と国民との矛盾は、いよいよ深まり、劇的な危機が進展することになるでしょう。
 こうした情勢のもとで、わが党がはたすべき役割がきわめて大きくなっていることを自覚し、かかげた公約実現へ、躍進した国会議席を力に、国民運動と共同を強めて、全力を尽くすものです。

(4)
 今回の参議院選挙の躍進は、この数年来の党員拡大を根幹にすえた党勢拡大、初歩的ですが青年・学生分野での活動強化のとりくみなど、強く大きな党をつくる粘り強い全党の努力が、第一歩ですが実を結んだものです。
 この党勢拡大の努力を、さらに情勢にふさわしく発展させる探求と努力を進めるものです。
 党勢拡大という点でも、今回の参議院選挙が歴史的チャンスを開くものになりました。今回の選挙をつうじて日本共産党への共感と期待がかつてなく大きくひろがっています。
 党綱領と日本の前途を語り合うとりくみを発展させながら、中間地方選挙勝利、強く大きな党をつくる活動に、大志をもってとりくむ決意です。

« »