「共謀罪」採決強行を受け 志位委員長が会見

「共謀罪」採決強行を受け 志位委員長が会見

 国民の「内心」を監視・処罰の対象とする違憲法案の「共謀罪」に国民の不安と怒りが広がる中、安倍政権と与党は6月15日早朝、参院法務委員会での採決抜きに、「中間報告」という卑怯な手段を使ってまで参院本会議で採決を強行しました。

 この暴挙に対し、日本共産党の志位和夫委員長は同日会見をひらき、「共謀罪」法廃止に向けて新たなたたかいに取り組んでいくことを表明しました。

 会見の詳細はこちらからご覧になれます。

« »