06日

日本共産党参議院議員 仁比そうへいです

福山市で運送事業者に被害を聞き取る仁比氏

 西日本豪雨災害から2カ月。とてつもない土砂や瓦礫に埋まり未だ手付かずの集落があります。片付けこそ終えても、住宅や生業を再建する見通しが立ちません。その根底には、格差を広げ市町村合併など地域を痛めつけてきた安倍政治があります。防災事業より大型開発偏重の公共事業や都市開発のあり方が根本から問われています。「想定外」「被災者も自己責任」など絶対に許されないのです。

 私たちは「民地内の土砂撤去も全額公費」「商工業者にもグループ補助金」など支援策を大きく前進させてきました。被災現場から声を上げ「住民こそ主人公」の運動で、政治を変えましょう。

 被災地の苦闘をよそに「総裁選圧勝」のパフォーマンスばかりに熱中する安倍総理。抑え込まれ膝を屈していく自民党。情けない限りです。広島・長崎の平和祈念式典では、被爆地の要求、朝鮮半島の完全な非核化と北東アジアの平和への激動に逆らって、核兵器禁止条約に一言も触れませんでした。「もううんざりだ」―渦巻く声に応える「本気の野党共闘」に全力を尽くします。

 翁長知事が急逝され、9月30日投票で闘われる沖縄県知事選挙。先の県民大会は、台風接近のなか7万人が結集し、「絶対にあきらめない」「最後に根負けするのは安倍政権の方だ」という決意がみなぎりました。「次の国会に改憲案提出」「参院選前に国民投票」など、真正面からふきとばし安倍政治を終わらせるかつてない運動を広げようではありませんか。

――――徳島新報2018年9月9日号より

白川よう子連載「YOU気りんりん!」

高松市で27日訴える、(左から)田辺氏、秋山氏、白川氏

 8月は高松から離れず香川県知事選、県議会議員補欠選挙に没頭させていただきました。とりわけ県議会議員補欠選挙は、私が辞職をした後の欠員を埋める選挙。後継として決意してくれた32歳の青年候補の秋山時貞さんを、何としても当選させようと頑張り抜いた闘いでした。

 結果は残念ながら次点。涙をのんで見上げた夜空には、まんまるお月さん。来春の本選挙で必ず当選させて、私も前進あるのみで頑張るぞ!と満月に誓いました。

 この選挙戦でも自力の不足を心の底から感じる日々。負けた選挙だからこそ、やらなければならないことがハッキリ見えてきました。「月間」が提起した目標を真正面から受け止めて、自分自身が変わることが必要だと痛切に感じています。期待の声に応えられる党へ生まれ変わるためにも、9月は特別な決意と覚悟を持って頑張ります。

 たたかいは沖縄の県知事選挙へ。故・翁長知事の遺志を受け継ぐ玉城デ二ー氏の擁立が決まりました。辺野古新基地阻止への圧倒的民意に沿った「オール沖縄」と、新基地建設推進の自公勢力との総力戦です。負けるわけにはいきません。四国中からの様々な形での支援で必ず勝利しましょう!

 香美市では定数20に対して、日本共産党は6名の候補者を擁立して闘いました。私も香美市に入り、松本けんじ高知1区予定候補とともに「安倍政治への審判を香美市から下そう。」と訴えました。

 (みごと全員当選!議席占有率全国1位の力を生かして、いっしょに頑張ります)

――――徳島新報2018年9月9日号より