22日

YOU気りんりん!vol.23 ―白川よう子新連載―

高松市で街頭宣伝(13日)

 これを「政治」と呼んでいいのか?「共謀罪」の成立、委員会審議を中断し「中間報告」という異常な禁じ手を使い、議会制民主主義を踏みにじっての暴挙に対して、満身の怒りをもって連日抗議の行動を行っています。

 通常国会はこれで閉会。加計学園疑惑も曖昧にしたまま。しかし、内閣支持率も大暴落し、国民と野党が力を合わせた闘いで、ここまで安倍政権を追い詰めてきました。

 違憲立法は成立させられたからと言って黙っておくわけにはいきません!戦争法、秘密保護法、共謀罪、廃止へ向けての新しいスタートとして、絶対負けない!希望ある闘いのスタートです。今日の日を絶対に忘れない!漢字で書くのも恥ずかしい「あべせいじ」を許さない闘いを進めていきます。賛成した自公維を必ず少数派へと追い込みましょう。

 街頭宣伝しているとどこでも「頑張ってよ!」と声がかかります。国民は黙ってはいませんよ!

 6月に入って各地で計画していただいた「つどい」にドンドン参加しています。鳴門市では予定の倍の参加があり、ご意見もたくさん出されました。町議会議員選挙直前の高知県津野町では、民宿をお借りしてつどいが開かれ、「応援するだけでなく、私も頑張る」と、なんと3人もの方が入党してくださいました!

 吉良佳子参議院議員を迎えて高知市で開かれた「力あわせ未来ひらく集い」では、「人生をかえてみませんか?」との訴えに応えて、この日3人の方が入党を決意。党の力を大きく!その先頭で頑張っています。

――――徳島新報2017年6月25日号より

YOU気りんりん!vol.22 ―楠藤温子氏からの応援メッセージ―

ようこちゃんを国会へ 私も全力尽くします

徳島健康生活協同組合 徳島県民医連職員 楠藤温子

 すてきな大人の女性になった「ようこさん」をちゃん付けで呼ぶのは忍びないのですが、あえてここは、若いときのように「ようこちゃん」と呼ばせてください。

 私は、ようこちゃんとは直接一緒に仕事はしていませんが、健生病院で青春時代の一こまをご一緒しました。思い浮かぶのは、仕事をしているときも、おしゃべりをしているときも、会議や学習会の時も、いつも元気にはきはきと声を上げているようこちゃん。

 一言で言えば「どんなときも全力投球」でしょうか。私の「結婚を祝う会」の時も、新郎新婦入場のBGMに「てんとう虫のサンバ」を提案されて抵抗した夫が、「前で誰かが踊ってくれるなら」と断るための難題を提案したとき、「おやすいご用」といわんばかりに手を挙げ、放射線技師のあゆみちゃんと手作りのかわいい衣装でてんとう虫に扮して、みごと私たちを先導してくれましたね。あまりの出来に、主役はてんとう虫といわしめた完成度でした。人を喜ばせる力は天下一品です。

 そのころ私は、ようこちゃんの中にある心の強さやひたむきさの背景に、こんなに大変な苦労があったとは知りませんでした。今回、こうして候補者になるにあたって語られたようこちゃんの想いを聞くにつけ、ただ「元気なようこちゃん」というだけでなく、特別な輝きを持って私たちに勇気を与えてくれているように思います。

 どうかその想いを、まっすぐなそれでいて柔らかなことばでもって、国会のなかのようわからん妖怪どもをやっつけてくださいまし。ようこちゃんの「元気」を支えるために、私も微力ながら力を尽くします。

――――徳島新報2017年6月25日号より

党八万支部読者ニュース500号

「かわせみ」第1号(右下)と500号

 日本共産党の徳島地区・八万支部が毎週発行している「しんぶん赤旗」読者ニュース「かわせみ」が、6月18日号で500号となりました。

 「かわせみ」は、同支部の佐藤秀彦さん(73)が元高校教員の経験を生かして、支部・後援会の人々の協力も得ながら2007年6月17日から10年間、発行を続けてきました。いまでは「『かわせみ』を読みたいから、『しんぶん赤旗』を止められない」という読者がいるほど親しまれています。

 18日開かれた「500号記念お祝いの会」には、支部の人々が手料理をもってあつまり、佐藤さんの労をねぎらいました。

 佐藤さんは「続けていたら、いつの間にか500号になっていた。読者の立場にたち、読んで面白いニュースにと心がけてきた。(教員時代に作っていた)学級通信は1年でクラス替え、3年で卒業となるが、『かわせみ』に卒業はありません。私にとっても未知の世界への挑戦です」と笑顔で話していました。

――――徳島新報2017年6月25日号より

鉛筆一本での支援・民青が「福島の今」学ぶ

野口氏の話に聞き入る青年ら

 日本民主青年同盟徳島県委員会は18日、徳島市内で日本共産党福島県委員会被災者支援対策本部の野口徹郎部長を招いて学習会を開きました。

 野口氏は「全国青年ボランティアセンター@ふくしま」の取り組みを紹介し、「被災地を見る。被災者の要望を聞き取る。その要望を行政に届けることを重視してきた。この行政に声を届けるところが、民青のボランティアの他の団体との違いだ」とのべ、風呂の追い炊き機能など、被災者の要望を実現してきた実績を紹介しました。

 また政府の避難指示解除によって避難者が「自主避難者」とされ、様々な支援制度が打ち切られている実態を告発。「病院も仕事もない、帰りたくても帰れない」と訴えました。

 さらに、わずかな線引きで賠償が大きく異なることや、賠償費用が全国の電気料金に上乗せされていることによって、県民や国民の中での対立と分断が持ち込まれていることを告発し、「これは安倍政権によって作られた『政治災害』だ」と批判しました。

そして「昨年の参議院選挙では野党統一候補が現職大臣に勝った。分断・対立をのりこえ、安倍政権を倒すたたかいがはじまっている」とのべ「鉛筆1本でできる被災者支援がある。それはみんなで議論して、投票に行く人を増やすことだ」と呼びかけました。

 参加した同盟外の青年(23)は、「人権を無視した政治が行われていることがよくわかった。国民に目を向けた政治に変えたい」と話していました。

――――徳島新報2017年6月25日号より