24日

YOU気りんりん!vol.2 ―樫昭二香川県議からの応援メッセージ―

香川県議会議員 樫昭二

 先の参院選挙の直前、松原県委員長から「白川県議を衆院四国ブロックの比例候補にという声があるが、意見を聞きたい」との話が。

 私は即座に「大賛成です。白川さんなら、論戦力があり即戦力」と。10年前、高松選挙区(定数15)で私と白川さんが当選し、悲願の複数議席を獲得以来、3期連続この議席を守ってきました。県議会で一人になると大変だが、四国の声を国会に届ける人が必要。白川さんならやれるし、やってもらわないといけないとの思いです。

 白川さんは「35人以下学級」の実現を毎議会取りあげ、小学校は4年生、中学校は1年生まで実現させました。昨年の9月議会では幹事長として各会派と交渉を重ね、国に対し「少人数学級の拡大など教職員定数の改善をもとめる」意見書を全会一致で決議させました。すべての子どもたちの健やかな成長を願い、教育への熱い思いを語り、各会派の意見をまとめ上げた交渉力は抜群です。

 また、ハンセン病対策について仁比参院議員と連携し、国立療養所大島青松園に何度も出向き、差別と偏見に苦しんできた入所者の思いを取り上げ共感を広げ、将来構想について「人権教育の場として国の誤った政策の歴史を遺し、隔離施設から真に社会に開放され、社会とつながった施設とする」よう主張。浜田知事から「関係自治体として将来構想の策定について高松市と連携、協力したい」との答弁を引き出しました。

 香川県議会では毎議会、議員派遣が議案として上程され、ヨーロッパや南米の視察に、一議員100万円以上の予算が使われています。白川さんは、「県民の今の厳しいくらしを考えるなら、こんな税金の無駄使いは許せない」と敢然と反対討論(2015年6月議会)。その説得力は素晴らしく、他の議員からヤジは一つも飛びませんでした。

 白川さんが国会に行けば、四国の声を国政に届ける大きな力を発揮してくれます。白川さん必勝のため全力でがんばります。

――――――徳島新報2017年1月22日号より

YOU気りんりん!vol.1 ―白川よう子新連載―

2017年も元旦から宣伝

 早期の解散・総選挙も予想される年、2017年が幕を開けました。

 今年は日本国憲法が施行されてから70年を迎えます。憲法を守り生かす政治の実現とともに、戦争法(安保法制)廃止の闘いを大きくする正念場です。

 昨年12月26日、四国4県の県議団と小選挙区予定候補で省庁交渉を行いました。四国の空をオレンジルートとして戦闘機やオスプレイが飛び回る状況を直ちにやめよ、伊方原発の運転の中止、農・林業振興、子どもの医療費の無料化と国のペナルティーの問題などなど四国4県の切実な要求をぶつけました。どの答弁もひどい中身で、国会で直接伝える議席の必要性を実感しました。野党共闘を本格的なものにすると同時に、必ず四国の議席を奪還する決意を新たにしています。

 党勢拡大でも年末ぎりぎりまで四国のみなさんと力を合わせて頑張り抜き、前進で新しい年を迎えることができました。いよいよ今月は党大会が開かれます。大きく成功させ、日本の政治の前途を拓く年にするため、ともに力を合わせましょう。

 お天気に恵まれた年明けは元旦宣伝から始まりました。主に香川県の高松から東讃地域を回り、選挙区予定候補や地方議員の皆さんと年頭の決意を語らせて頂きました。元旦早々からたくさんの励ましや声援を頂き、更にやる気満々です。帰省した娘と初詣にも出かけ、引いたおみくじは「末吉」でしたが、「争事は勝つ」と出ました。大勝負の今年、必ず勝ちぬきましょう!さあ、酉年!大きく飛びたつぞ!

――――――徳島新報2017年1月22日号より

「先人に学び脱原発決断を」原発ゼロ徳島がイレブンアクション

 原発ゼロ徳島連絡会は11日、徳島駅前でイレブンアクションを行いました。「福島をわすれるな、3・11徳島県集会」(3月11日(土)午後1時から徳島駅前広場)と、同連絡会の総会を兼ねた講演会「原発事故から6年目の福島の現地情報から原発ゼロを考える」(1月25日(水)午後6時から県教育会館)への参加を呼びかけるビラを配布し、「国と東電が責任をとることを求める署名」を呼びかけました。

イレブンアクション

 同会の服部敏彦共同代表(徳島大学名誉教授)は、「原子力規制委員会の田中委員長は、『規制基準は安全基準ではない』とはっきり言っている。にもかかわらず、安倍首相は『世界で最も厳しい安全基準』だとして原発を再稼動させている。無責任きわまりない」と厳しく批判しました。

 さらに、「伊方原発は、日本最大の活断層である中央構造線から6kmの地点にあり、その断層が地下でどのようになっているかは分かっていない。斜めに断層があれば伊方原発の真下が震源地となる可能性もある」と警告しました。

 そして、「伊方原発周辺の地層は非常に脆く、震度7でも、道路、橋梁、トンネル、港湾は寸断され、5000人の住民は孤立する。なのに伊方の避難所は850人しか収容できない。住民の命はなんら考慮されていない」と訴えました。

 また、「もんじゅ」の廃炉によって核燃料サイクルが完全に破綻したことを詳細に告発し、「日本列島のどこにも、核廃棄物を保管できるところはなく、地上で管理し続けるしかない。しかし10万年ものスパン(期間)での保管などできない」と力を込めました。

 そして、「50年ほど前、徳島では3度にわたり原発立地が計画された。しかし当時の県民たちは、3000人規模のデモで県庁を包囲するなどのたたかいで、原発を作らせなかった。今こそ先人に学び、原発のない四国を作ろう。自然エネルギーに転換してこそ未来は開ける」と呼びかけました。

――――――徳島新報2017年1月22日号より

台湾青年も参加し脱原発を訴え―金曜行動236週目

金曜行動236週目

 原発再稼動反対!徳島有志の会が主催する236週連続となる脱原発を求める金曜行動が13日、徳島駅前で行われ17人が参加しました。

 同会の手塚弘司代表は「福島の事故からまもなく6年。しかし事故はまだ終わってない。危険な原発をなくすことは私たち大人の責任だ。ともに声をあげよう」と呼びかけました。

 徳島市の笹山聰子さん(73)は、「いまだに故郷に帰ることのできない原発事故避難者のことを考えると胸が締め付けられる。国と東電は避難者への支援、賠償をうち切る方針だと聞く。なんと冷たい政治か。しかも廃炉の費用は国民に押しつけようとしている。国と東電が責任をもって被災者に真剣に向き合うべきだ」と力を込めました。

 徳島市の佐古竜巳さん(40)は、「徳島でかつて原発が作られようとしたとき、たたかいで止めた。伊方で事故が起これば海も空もつながっている徳島も無事ではすまない。先人のたたかいを学び原発なくせの声を徳島から発信しよう」と呼びかけました。

 脱原発市民ネットワーク・徳島の石本久さん(62)は、「台湾の国会にあたる立法院は脱原発の決断を下した。事故の当事国である日本は原発を再稼動し、賠償まで打ち切る方針だ。ゆるすことはできない。今年もともにたたかおう」とエールを送りました。

 台湾から自然農法を学びに来ている劉致良(りゅうちりょう)さん(39)は、台湾の脱原発の決断を報告し「原発反対」と訴えました。

 その後、四国電力徳島支店にむけてパレード。同支店前で石本さんは「四国電力のみなさん。原子力ムラの視点ではなく、市民の目線で、福島の事故現場で必死に働く末端の労働者の立場で考え、四国電力の内部からも『福島の悲劇を繰り返してはならない』との声を勇気をもってあげて欲しい」と呼びかけました。

――――――徳島新報2017年1月22日号より