青年が池内前衆院議員招きジェンダー学習会

青年が池内前衆院議員招きジェンダー学習会

池内氏の話に聞き入る青年たち

 「#私らしく生きたい~ジェンダー平等について考える」集いが1日、徳島市で開かれ青年など25人が参加しました。同実行委員会が主催し、日本民主青年同盟徳島県委員会との共催でおこなわれました。日本共産党の池内さおり前衆院議員が講師をつとめ、参加者の質問に答えました。また青年たちはグループ討論を行い交流しました。

 池内氏は、「多様性を認め合うことで、みんなが主人公の社会になる」と強調しました。またジェンダーギャップ指数(男女格差の指標)で日本が149カ国中110位と性差別が深刻な国であることを示し「他者の人格に対する配慮ある社会をつくろう」と訴えました。

――――徳島新報2019年12月8日号より

« »