阿波市の議席奪還へ 中野あつし後援会が事務所開き - 日本共産党 徳島県委員会
阿波市の議席奪還へ 中野あつし後援会が事務所開き

阿波市の議席奪還へ 中野あつし後援会が事務所開き

阿波市の日本共産党の議席奪還への決意を語る中野あつし予定候補

 3月18日告示、25日投票でおこなわれる阿波市議選挙に立候補を予定している、日本共産党の中野あつし氏の後援会事務所びらきが3月4日、中野予定候補の自宅で行われ、地元の人々ら約60人が参加しました。

 中野氏は「市民アンケートの結果を見ると、国保・介護の負担はあまりに重い。貯め込んだお金をつかうだけで、大幅な国保の引き下げは可能だ」とのべ、コミバスの運行、タクシー運賃補助など住民の足の確保や、保育や学校給食無料化などの政策を示し、その実現へ全力をつくす決意を語りました。

 さらに「日本共産党への信頼はなにより反戦平和を貫いていることだ。『教え子を再び戦場に送らない』これは、私の教員としての原点だ。戦前の社会に戻そうという政治に怒りを感じる」と力を込めました。

 そして「大企業・富裕層ばかりが大儲けし、それを政治が後押しする。これをあらため、応分の負担を求めれば暮らしを守る財源はつくれる」と訴え、「立候補を決意し、いま生き甲斐を感じている。みなさんの支援で必ず議会に押し上げて欲しい」と訴えました。

 日本共産党の上村秀明県委員長は「正しいことは正しい。間違いは間違いと子どもたちから教えられた」という中野氏の言葉を紹介し、「教員として、子どもの立場で力をつくし、定年後は日雇いの仕事もしてきた中野氏だからこそ、地位や名誉ではなく、市民の立場で働ける。こんな議員こそ求められている」と呼びかけました。

 そして、森友問題での文書書き換え疑惑や、無制限の残業を強いる「働き方改革」、そして安倍9条改憲に対して、日本共産党が事実をもって行っている国会論戦が政府を追い込んでいることを紹介し、「国政でも、阿波市でもはっきりモノを言う日本共産党の議席が必要だ。今回は大激戦、やるべきことを期日までにやり抜き、最後までがんばり抜いたものが勝利する。大きな支援を寄せて欲しい」と訴えました。

――――徳島新報2018年3月11日号より

« »