災害は他人事でない 共産党が救援募金呼びかけ

災害は他人事でない 共産党が救援募金呼びかけ

募金の呼びかけに応じる市民

 日本共産党は北海道地震と台風21号に対する救援募金を呼びかけています。同党徳島県委員会と同徳島地区委員会は共同で9日、雨の降る中、救援募金を呼びかけました。

 上村秀明県委員長らがマイクを握り「日本共産党の立党の精神は国民の苦難軽減です。寄せられた募金は党が責任を持って被災者に届けます」と協力を呼びかけると、市民たちが次々と応じていました。

 親子それぞれが自分の財布をあけて募金をした、石井町の清重衣美さん(47)は「あまりに立て続けに起こる災害に驚いている。私たちも防災について考えないといけない」と語り、「被災地が望むことを良く知って、行動することが大事だと思う」と話していました。柊斗(しゅうと)くん(11)は「早く復興して欲しい」と語りました。

 子ども3人と募金をした阿南市の酒井孝裕さん(40)は「東北、九州、中国、大阪、北海道と大災害が続いている。いつ四国が災害に襲われるかわからない。助け合わないといけない」と話していました。

 愛媛県から観光に来ていた女性(30)は「北海道であんな大きな地震が起こるなんて本当におどろいた。四国で起こったらどうなるかと考えると心配でならない」と顔を曇らせまました。

 募金は、もよりの共産党事務所や党員にお渡しいただくか、郵便振替口座に送金してください。

  • 郵便振替 口座番号:01640-3-41781
  • 加入者氏名:日本共産党徳島県委員会

※通信欄に「災害救援募金」と記してください(振替手数料は負担をお願いしています)。

――――徳島新報2018年9月16日号より

« »