/* css自動更新 */
消費税減税求め「クリスマス宣伝」

消費税減税求め「クリスマス宣伝」

「消費税を5%へ」などの願いを書いたカードをクリスマスツリーに飾り付ける親子連れ=20日、徳島市

 消費税廃止徳島県各界連絡会と、消費税をなくす徳島の会は20日、JR徳島駅前で、消費税の減税を求める「クリスマス宣伝」を行い約100人が参加しました。

 同行動は消費税が導入された1989年から毎年行われ、今回で32回目になります。

 県建設労働組合の参加者約80人は駅周辺をデモ行進し、消費税減税をアピールしました。

 駅前では「消費税率5%への引き下げ」を求める署名に応じた人にクジを引いてもらっていました。当たりが出るとクリスマスケーキがプレゼントされます。

 ケーキを引き当てた徳島市内の女性(40)は「消費税を下げれば、全ての人に平等なコロナ対策になりますね」と語りました。

 子ども連れの同市の女性(36)は「子どもの服にまで10%は高くて厳しいです。消費税が下がれば家計も助かります」と、同市の女性(55)は「コロナでみんな困っています。政府は消費税をゼロにするくらいの決断が必用だと思います」と訴えました。

――――徳島新報2021年1月10日号より

« »