森友改ざん許さない 市民と野党の共闘で倒閣を

森友改ざん許さない 市民と野党の共闘で倒閣を

デモ行進を行う(前列左から)民進党・庄野氏、社民党・前川氏、共産党・上村氏、市民連合・山本氏、新社会党・高開氏

 市民連合・徳島など市民団体や、日本共産党、民進党、社民党、新社会党の県内4野党などは3月21日、徳島駅前で「安倍政権総退陣を求める徳島緊急行動」を行い、集会とデモ行進に150人が集まりました。

 日本共産党県委員会の上村秀明委員長、民進党県総支部連合会の庄野昌彦代表、社民党徳島県連合の前川英貴代表、新社会党徳島県本部の高開千代子副委員長、市民連合・徳島の山本純代表らがマイクを握り訴えました。また立憲民主党の竹内則男衆議院議員からの「国会と国民が一致して安倍内閣の総辞職を求めよう」とするメッセージが紹介されました。

 「民主主義を破壊する、森友文書改ざんを許さない」「麻生財務大臣は直ちに辞職を」「安倍首相は自ら責任をとり内閣総辞職を」とする集会アピールを採択したあと、駅周辺を「改ざんするな、ウソつくな」「安倍内閣は今すぐ退陣」などとコールしながらデモ行進しました。

 4野党と市民連合の訴え(要旨)を紹介します。

民主主義の再構築を 共産党・上村氏

共産党・上村氏

 上村氏は「国政の最高機関である国会に提出させる文書が改ざんされれば、まともな審議はできない。憲法の原則と議会制民主主義を根底から壊すものだ」と厳しく批判しました。

 また「改ざんされた文書が出されたあとに、昨年総選挙が行われた。改ざん前の文書が明らかになっていれば、今の国会の議席構成はあり得ない。議会制民主主義を踏みにじる重大事態だ。断じてあいまいにすることはできない」と力を込めました。

 そして「公務員が何の利益もないのに、自ら犯罪を犯すことなど考えられない。相当上の政治的圧力があったと考えられる」と強調し、「安倍首相が『私や妻がかかわっていたら総理も国会議員も辞める』といった時から、改ざんは始まった。安倍首相夫妻の関与の解明が必要だ」とのべ、「市民と6野党の共闘で徹底追及し、全容解明させよう。内閣総辞職に追い込み、民主主義を再構築しよう」と呼びかけました。

野党共闘で倒閣を 民進党・庄野氏

民進党・庄野氏

 庄野氏は「文書改ざんしても、佐川氏に何の得もない。政権に対する忖度があったことは明らか。自殺者まででているこの問題、徹底究明が必要だ」と力を込め、「安倍首相夫妻の関与がないなど信じる国民はいない。昭恵夫人の証人喚問を求めよう。市民と野党の共闘で安倍政権を倒そう」と呼びかけました。

改憲でなく解明を 社民党・前川氏

社民党・前川氏

 前川氏は「自民党は党大会で改憲案をまとめるとしているが、いますべきは改憲ではなく、森友文書改ざん疑惑を解明し、行政と政治を立て直すことだ」とのべ、「社民党も安倍退陣へみなさんとともに全力をつくす」と力を込めました。

忖度の仕組み作った 新社会党・高開氏

新社会党・高開氏

 高開氏は「特定秘密保護法で真実が隠されると批判してきたが、前提となる文書そのものの改ざんは、それ以上の大問題だ」と指摘し、「なぜ官僚が政治家に忖度するのか。それは内閣人事局をつくり、安倍首相が官僚の人事権を握ったからだ。安倍内閣は総辞職しかない」と訴えました。

国民の声広げよう 市民連合・山本氏

市民連合・山本氏

 山本氏は「安倍政権の友達政治に、官僚の忖度に、国民は『どっちをむいて政治をしいているのか』と嫌気がさしている。こんな政治をのさばらせてはならない。政治を監視する責任を国民が果たすときだ。安倍政権は今すぐ辞めよの声を広げよう」と呼びかけました。

 

――――徳島新報2018年4月8日号より

« »