徳島病院の存続を 白川氏が吉野川市と懇談

徳島病院の存続を 白川氏が吉野川市と懇談

懇談する(左から)岡田氏、白川氏、細川氏、大塚氏、真鍋氏

 日本共産党の白川よう子四国ブロック国政対策委員長は17日、吉野川市役所を訪れ、同市にある徳島病院を閉鎖し、東徳島医療センター(板野町)に移転するとする計画について、細川英輔議長、大塚勉健康福祉部長らと懇談を行いました。同党阿北地区の岡田光男地区委員長(吉野川市議)、真鍋功副委員長も同席しました。

 細川議長は「市長は機構(独立行政法人国立病院機構)担当者を睨み付け、一歩も譲らない姿勢を示した」と4月に国、機構、県選出国会議員らに要請した時の川真田哲哉吉野川市長の様子を紹介し、「徳島病院の存続は議会の総意だ」と訴えました。

 白川氏は「義兄が筋ジストロフィー患者として徳島病院にお世話になった。突然の廃止方針に患者家族としても、驚きと怒りを感じている。市や議会の迅速な対応に敬意を感じる」とのべ、「徳島病院は黒字経営で、地域で支えてきた大切な拠点だ。廃止されることになれば地域経済にとっても大きな損失となる」と訴えました。

 岡田地区委員長は「(JA徳島県厚生連の)吉野川医療センターは、吉野川沿いにあり災害時の機能に心配がある。高台にある徳島病院は市民の防災拠点としてなくてはならない」と力を込めました。

 「医師不足などを理由にあげられた」と訴える大塚部長に対し、白川氏は「徳島病院は5年前に16億円もかけて改修をおこなったばかりだ。医師の問題はその当時から変わっておらず、医師不足は廃止ありきの口実に過ぎない。統合で医師不足が解消するという根拠も何も示されていない」と応じ、「パーキンソン病や、筋ジストロフィなど神経・筋疾患の患者にとっても、徳島病院は四国になくてはならない病院だ」とのべました。

 「存続させるために議会としてもできることは何でもやりたい。市長も同じ気持ちだ」とのべる細川議長に対し、白川氏は「医労連など労働組合としても、現場職員や患者の声を集め存続を求めて全力をあげると聞いている。ともに力をあわせ必ず存続させよう」とエールを交わしました。

――――徳島新報2018年5月27日号より

« »