山本・久保両小選挙区候補が出陣式

山本・久保両小選挙区候補が出陣式

ブレずに共闘つらぬく、日本共産党の躍進を

 日本共産党の山本千代子衆院徳島1区候補、久保たかゆき同2区候補の出陣式が10日朝、それぞれ徳島駅前、吉野川市で行われました。山本1区候補の出陣式には、新社会党県本部の高開千代子副委員長、市民連合・徳島の山本純代表、県革新懇の横山良代表世話人らが連帯のあいさつにたちました。

平和の願い託して 山本1区候補

出陣式で訴える(左から)山本1区候補、新社会党・高開氏、共産党・上村県委員長、市民連合・山本氏

 山本候補は「安倍政権が続けば日本は法治国家でなくなる。この選挙で審判を下そう」と呼びかけ、「この選挙は戦争へと突き進む『自民とその補完勢力』対、戦争への道を止める『市民と野党の共闘』だ。対決軸は鮮明だ」と訴えました。

 さらに、核兵器禁止条約に背を向け、消費税増税をすすめる安倍政権を批判。「戦争NO、安保法制廃止、平和への願いを私と日本共産党に託して欲しい」と呼びかけました。

共闘につくす共産党を 久保2区候補

出陣式で訴える久保2区候補

 久保候補は「消費税を増税すれば、消費不況がますます悪化する。大企業、大資産家に応分の負担を求めるべきだ」と訴えました。

 さらに北朝鮮の核・ミサイル開発を非難した上で、「戦争の危機だからこそ、対話が必要だ」と軍事的対応一辺倒で、憲法9条改定に踏み込もうとする安倍政権を批判し、「安保法制を廃止し、憲法に基づく政治を取りもどそう」と力を込めました。

 そして「市民と野党の共闘に力をつくす、日本共産党を伸ばして下さい。四国の議席を取りもどさせて下さい」と訴えました。

憲法守る議席増やそう 新社会党・高開氏

 新社会党の高開氏は、兵庫9区での同党推薦候補への統一への謝意をのべ「山本候補は平和問題や男女共同社会実現で共同してきた、ぶれない政治家だ。憲法改悪を許す訳にはいかない。『ダブル千代子』で憲法を守る議席を必ず勝ち取る。平和、憲法を守り、女性の願いを届ける議席を一つでも多く国政に送りだそう」と訴えました。

新しい共闘の始まり 市民連合・山本氏

 市民連合の山本氏は「この選挙で、新しい市民と野党の共闘がはじまる」とのべ、小池新党に対し「党名を言うのもイヤ、野望の党だ」と厳しく非難。「子どもたちの未来がかかった1票をムダにしないで必ず投票して欲しい。249選挙区で成立した野党統一候補の勝利を。野党を伸ばそう」と呼びかけました。

――――徳島新報2017年10月15日号より

« »