安倍さん今すぐやめて 憲法共同センターが一斉宣伝 - 日本共産党 徳島県委員会
安倍さん今すぐやめて 憲法共同センターが一斉宣伝

安倍さん今すぐやめて 憲法共同センターが一斉宣伝

 徳島憲法共同センターは6月3日、全国いっせい行動の呼びかけにこたえ徳島駅前で行動しました。参加者たちは3000万人署名を呼びかけ、午後1時、「アベ政治を許さない」のポスターをかかげて「今すぐやめろ安倍政権」とコールしました。

「アベ政治を許さない」のポスターを掲げ「今すぐやめろ安倍政権」とコールする人々

 徳島革新懇の山本茂喜事務局長は「改ざん、ねつ造、隠ぺい、虚偽答弁、どれも国政を私物化する安倍政権を守るために行われた。安倍首相のウソを隠すためにウソを重ねて国政が歪められた。安倍政権の退陣で国会の民主主義を取りもどさないといけない」とのべ、「国民は全て見抜いている」と強調し、「市民と野党の共闘を、魅力ある共通政策を国民に示すところまで広げよう。『安倍政権に変わる受け皿』ができれば、一気に安倍政権を倒すことができる」と力を込めました。

 新日本婦人の会県本部の山田節子会長は「安倍首相を守るためにウソをつき、文書の改ざん、ねつ造をさせられている人にも家族がいるだろう。どんな気持ちで家族に顔を合わせているのかと思うとが気の毒になるほどだ。安倍首相が全てを語れば、その人々は楽になる。安倍首相は正直に語るべきだ」と訴えました。

 そして「安倍首相は、憲法9条改憲に異常な執念を燃やしている。2度と戦争をしないと誓った憲法9条は日本だけのものではない。世界の宝だ。これを変えさせたら自衛隊が海外で戦闘に参加させられることになる。自衛隊員の命を守るためにも安倍改憲を阻止する共同を広げよう」と3000万人署名を呼びかけました。

 日本共産党県委員会の古田元則書記長は「安倍首相は、過労死を合法化する働き方改革や、カジノ法案など悪法を今国会で強行しようとしているが、どれも圧倒的な国民が反対している。モリ・カケ問題とあわせ、いま安倍政権を倒す絶好のチャンスを迎えていると捉えよう」と呼びかけ、「国会では野党の結束が高まっている。これを地方でも広げ、来年の参議院選挙で自公とその補完勢力を少数に追い込み、野党連合政権への道をひらこう」と訴えました。

 小松島市の橋本昭さん(76)は「ウソとゴマカシの政治に腹が立つ。安倍政権は歴代の自民党政権の中でも最低の政権だ」と怒りを込めました。

――――徳島新報2018年6月10日号より

« »