原発ゼロ徳島が「イレブンアクション」

原発ゼロ徳島が「イレブンアクション」

署名に応じる市民

 原発ゼロ徳島連絡会は11日、徳島駅前で毎月定例の「イレブンアクション」を行い、原発再稼動中止、国と東京電力に責任を果たすことを求める署名を呼びかけ、伊方原発をとめる会のパンフレット「地震が来るのに再稼動していいの」を配布しました。

 県医労連の井上純書記長は、「日本では伊方原発の耐震基準をはるかに超える地震が、数年ごとに起こり、地震学者も『予測がつかない』としている。まして日本最大の活断層である中央構造線の直近にある伊方原発は、直ちに廃炉にすべきだ」と呼びかけました。

 徳島労連の森口英昭事務局長は、「政府と東京電力は、福島の原発事故の賠償と廃炉費用を国民に押しつけた」と怒りを込めて告発し、「これは原発がとてつもなく高コストであることを自ら認めたものだ」とのべました。さらに「原発は二酸化炭素を出さないから環境にいいと政府は言うが、福島を見れば最悪の環境破壊だ。原発は廃炉しかない」と訴えました。

 同会の服部敏彦共同代表は、「首相は『アンダーコントロール』と言ったが、海洋汚染は続き、汚染水処理の目途はない。首相の発言は海外では全く信用されていない」と批判しました。

 署名に応じた藍住町の男性(46)は「代替エネルギーをどうするのか課題はあるが、危険な原発からは撤退すべきだ」と話していました。

――――徳島新報2017年5月21日号より

« »