原発なくせと「金曜行動」

原発なくせと「金曜行動」

デモ行進する参加者たち

 291週連続の脱原発を求める「金曜行動」が2月2日、徳島駅前で行われました。

 3人がリレートークを行ったあと四国電力徳島支店まで「原発なくすの大人の責任」などとコールしながらデモ行進しました。

 徳島市の尾花優博さん(67)は「今の瞬間だけ儲かればいい。こんな考えの安倍政権には退場してもらおう。原発のない社会を、子どもたちへおくろう」と訴えました。

 同じく徳島市の佐古竜巳さん(41)は、「大手電力会社は『送電線に空きがない』と自然エネルギーの買い取りを抑制してきたが、2割しか送電線を使っていなかった。自然エネルギーが普及すると、原発推進勢力が困るからだ。原発で儲ける人のために国民が苦しむのはおかしい」と呼びかけました。

――――徳島新報2018年2月11日号より

« »