/* css自動更新 */
共産党が新春宣伝

共産党が新春宣伝

訴えを行う参加者

 日本共産党県委員会は6日、徳島市内で新春宣伝を行いました。

 白川よう子衆院四国ブロック比例候補は「国民のくらしをよそに、政治を私物化し、暴走する安倍政権を退陣に追い込もう」と呼びかけました。

 山田豊県議は「四国の議席の奪還を」、達田良子県議は「家族農業を守ろう」、加戸悟市議は「市民が主人公の市政に」、見田治市議は「文化センター跡地への知事の姿勢はおかしい」、古田美知代市議は「ジェンダー平等の社会を」、船越智子市議は「防災対策を抜本的に高めよう」、渡邊亜由美市議は「市民の足を守る交通網を」と、訴えました。

――――徳島新報2020年1月19日号より

« »