伊方再稼働断念を さよなら原発が四電に申し入れ

伊方再稼働断念を さよなら原発が四電に申し入れ

申し入れ書を手渡す藤永知子代表

 さよなら原発徳島実行委員会(藤永知子代表)は2月21日、四国電力徳島支店を訪れ、「広島高裁の運転差し止めを遵守し、伊方原発3号機の再稼働断念を求める申し入れ書」を提出しました。四国電力側からは明野聡広報課長らが対応しました。

 申し入れ書では広島高裁の決定を「安全確保のための規制基準の遵守に手心を加えてはならないとしなものだ」とし、「原発の安全性は完全に瓦解した。いつどのような災害がおこるか想定できない。そのようななかで再稼働に突き進むことは、住民生活の安心・安全よりも企業の利益を優先させるもの」と批判し、伊方原発の再稼働断念の決断を迫っています。

 藤永氏らは「事故がおこれば、電力会社では責任をとりきれないことはフクシマの事故でも明らかだ。四国電力の未来を考えても原発からの撤退をはかるべきだ」と迫りましたが、四国電力は「エネルギーのバランスを考えることが大事だ」と伊方原発再稼働の方針を崩そうとはしませんでした。

――――徳島新報2018年3月11日号より

« »