九条の会がスタンディング

九条の会がスタンディング

スタンディングで護憲をアピールする参加者

 九条の会徳島は9日、徳島駅南の元町交差点でスタンディング宣伝を行いました。

 「まもろう憲法、いかそう憲法」「安倍9条改憲NO!」の横断幕や「I LOVE 憲法」などのプラスターを持ってアピールしました。

 同会の見田治事務局次長(日本共産党徳島市議)は「憲法9条を生かした平和外交こそ日本の生きる道だ。(12日に行われる予定の)米朝会談では、非核化とともに、朝鮮戦争の終結まですすむことを期待する。日本の憲法9条は、これからの北東アジアの中でかがやきを増す時代になる」と憲法9条を守る意義を強調しました。

 徳島市の長谷直樹さん(36)は「憲法9条を変えることには反対だ。自衛隊の人々が本当の戦争に行かされることになる」と力を込めました。徳島市の男性(40)は「戦争だけは絶対にイヤです」と話していました。

――――徳島新報2018年6月17日号より

« »