アベ政治の終末始まる 憲法共同センターが定例宣伝

アベ政治の終末始まる 憲法共同センターが定例宣伝

 徳島憲法共同センターは戦争法が強行されてからちょうど3年となる9月19日と、毎月定例となる10月3日に徳島駅前で宣伝行動を行い、3000万人署名を呼びかけました。

よびかけに署名に応じる市民

 9月19日の行動では、新婦人県本部の山田節子会長が「3年前、国会を包囲する人々、全国の国民の怒りの声を無視して、安倍政権は戦争法を強行した。憲法と立憲主義に反する安倍暴走政治は一刻も早く終わらせよう」と呼びかけました。

 県原水協の猪本百合子事務局長は「北朝鮮の脅威を口実にして戦争法は強行された。しかし、いま対話で平和を構築する流れが大きく広がっている。にもかかわらず安倍政権は南シナ海での米軍との共同訓練など軍事的挑発をくりかえしている。これでは偶発的な事態から戦争になりかねない。戦争法と安倍政権が平和にとって最大の脅威だ」と批判しました。

 最後に参加者全員で「戦争法を廃止しよう」「憲法9条を守ろう」とコールしました。

 署名に応じた徳島市の女性(80)は「戦争体験者として、戦争だけは絶対ににしてはならないと言いたい。どんなことよりもこれが一番だ」と語りました。

日本救う沖縄の勝利 3日行動で強調

アベやめろとコールする参加者

 10月3日には「アベ政治を許さない」のポスターをかかげる行動を行いました。午後1時にいっせいにポスターをかかげながら「ウソつき安倍はもう辞めろ」「今すぐ退陣安倍政権」「9条改憲許さない」とコールしました。

 県民医連の山本浩史理事は「全国で災害が多発する今、被災地で救助にあたる自衛隊員を、海外で戦争させるわけにはいかない」と力を込め、「安倍政権は9条の平和条項をなくすことに執念を燃やしているが、国民の多数は反対だ。私たち医療従事者にとって、命を守ることと、戦争に反対することは全く同じ事だ。世界に誇る憲法9条を、みんなの力で安倍の手から守り抜こう」と呼びかけました。

 徳島革新懇の横山良代表世話人は「沖縄県知事選での玉城デニー氏の勝利は、民意を無視して、なんでも強引にすすめる安倍政権の手法への痛烈な審判となった」と強調し、「日本の尊厳と民主主義を救う沖縄県民の勝利に、『おめでとう』そして『ありがとう』とのべたい」と語りました。

 国民救援会県本部の松浦章仁事務局長は「沖縄県知事選で玉城氏が勝利。『圧勝する』と豪語していた総裁選で、党員票は55%。外交でも(千島列島の)日本の領有権を放棄しかねない大失態。もう安倍はボロボロだ。今こそ安倍政権打倒のチャンスだ」と力を込めました。

――――徳島新報2018年10月14日号より

« »