ごみ問題でフォーラム 笠松元上勝町長が講演

ごみ問題でフォーラム 笠松元上勝町長が講演

 徳島市など6市町が広域ごみ処理施設の建設を計画している問題をめぐって、ごみ処理のあり方を考えるフォーラムが15日、徳島市で開かれました。同実行委員会が主催し今回で2回目となります。

 講師に招かれた元上勝町長の笠松和市氏は「ごみ焼却は大切な資源をなくし、空気や水、大地を汚染し地球温暖化を促進する。発想を変えて、焼却ごみを極限まで減らそう」と呼びかけました。

――――徳島新報2018年9月23日号より

« »