「自衛隊で研修しない」 県平和委員会に玉井・板野町長が回答

「自衛隊で研修しない」 県平和委員会に玉井・板野町長が回答

 県平和員会は17日、板野町の玉井孝治町長に対し、新入職員の自衛隊での研修を今後は行わないことを求める要請を行いました。日本共産党の石田実、天羽生美両町議も同席しました。

 山本千代子代表理事は「上意下達で、命令に絶対服従の自衛隊は、町職員の研修にふさわしくない」と呼びかけました。

 玉井町長は「今年度は(自衛隊での)研修は行っていない。今後もこれを踏襲する」とのべ、「今日の申し入れの内容を、よく検討し、今後の新入職員の研修の参考にしたい」と回答しました。

――――徳島新報2020年2月23日号より

«