「地域と結んだ農家に」県農民連が総会

「地域と結んだ農家に」県農民連が総会

あいさつする久保たかゆき2区予定候補

 農民運動徳島県連合会は15日、鳴門市内で第5回総会を開きました。

 農民連中央の長谷川敏郎常任幹事が記念講演を行い、「今、ご飯1杯22円。30円で生産費が回収でき、35円なら後継者が育つ利益が出る。安心して国産米を食べられることは国民にとっても利益になる」と解明しました。

 来賓あいさつにたった日本共産党の久保たかゆき衆院2区予定候補は、農業を基幹産業と位置付ける党綱領を紹介し、「農業を守ることは地域を守ることになる。ともに政治を切りかえよう」と呼びかけました。

 新規就農して3年目に入るという板野町の女性は、「家族と生活できる収入を得て、地域と結び付くような農家を目指したい」と話していました。

――――――徳島新報2017年4月23日号より

« »