「四国から女性の議席を」白川よう子候補、徳島を駆け巡る

「四国から女性の議席を」白川よう子候補、徳島を駆け巡る

徳島市津田町で白川候補(右)と訴える新社会党の高開氏(左)

 日本共産党の白川よう子四国比例候補は、12日、13日と公示後初の徳島入り。吉野川市、徳島市、阿南市、小松島市、鳴門市で街角演説を行いました。12日夜には藍住町で久保たかゆき2区候補と個人演説会で訴えました。

 徳島市津田町では、新社会党県本部の高開千代子副委員長が急きょマイクを握り、「女性の国会議員を増やそう。憲法を守り、安保法制を廃止するため力を合わせよう」と訴えました。

徳島市役所前で訴える(左から)渡邊・塀本・加戸市議、白川比例候補、見田・船越市議

 徳島市役所前では日本共産党市議団5人が勢揃いし、加戸悟団長が、9条改憲を狙う安倍政権と、改憲の踏み絵を踏ませた希望の党を批判し、「市民と野党の共闘をブレずに貫く日本共産党を大きく伸ばさせて下さい」と訴えました。

 白川候補は「憲法を守らない首相が憲法を変えることなど許せない。憲法9条に自衛隊を明記すれば、(『…戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない』とした)憲法9条2項が死文化し、アメリカとともに世界中で戦争をする国になってしまう」と厳しく警告しました。

 さらに消費税10%増税を「子育て・教育・社会保障の充実を願う国民の願いを人質に取った、安倍首相の増税宣言だ」ときびしく批判し、「一方で大企業、大資産家には減税を行い、空前の大もうけをさせてきたのがアベノミスクだ。そのもうけに応じた応分の負担を求めれば、消費税に頼らなくても、子育て支援や社会保障を充実させ、国民のフトコロを温め、経済の好循環をつくることができる」とのべました。

そして、希望の党の本質が安保法制容認、9条改悪賛成など自民党の補完勢力であることを明らかにし、「安保法制廃止、立憲主義の回復を求める『市民と野党の共闘』にこそ未来がある。ブレずに共闘に誠実につくす日本共産党を伸ばして下さい。14年ぶりの四国の議席奪還へ、日本共産党への支持を広げに広げて下さい」と力を込めて訴えました。

 白川候補の訴えを聞いた吉野川市の寺内信男さん(85)は「消費税は上げないで欲しい。戦前の『オイ!、コラ!』の政治に戻るようだ。戦争は絶対にいけない。憲法を変えようとする安倍政権は許せない」と、徳島市の女性(68)は「安倍政権は恐ろしい。民進党の共闘への裏切りは許せない。共闘に誠実に頑張る日本共産党に伸びて欲しい」と、同じく徳島市の女性(77)は「安倍政権を倒すためにも、共産党にもっと力をつけて欲しい」と話していました。

――――徳島新報2017年10月22日号より

« »