「みんなで力を合わせ」秋のひまわり学校に150人

「みんなで力を合わせ」秋のひまわり学校に150人

みかん狩りを楽しむ子どもたち

 新日本婦人の会県本部や教職員、保護者の有志で組織する実行委員会は11月23日、勝浦町で「秋のひまわり学校2017」を開き、0歳から12歳までの子どもたち83人と、保護者やスタッフなど総勢150人が参加しました。

 子どもたちは6班に分かれて豚汁などの昼食づくりや、みかん狩り、石積み競争などの川遊びを楽しみました。

初めて出会った仲間に戸惑いがちだった子どもたちも、豚汁作りの打ち合わせをしているうちに「ボクはニンジンをきる」「私はお肉を」と分担を自分たちで決め、あっという間にうちとけていきました。

 最後の川遊びでは、班ごとに智恵を出し合って、それぞれ個性的な発想で石積みの高さなどを競い合っていました。

保護者らが見守る中、協力して昼食作りに取り組む子どもたち

 徳島市の鎌田莉帆(りほ)ちゃん(8)は「オレンジの色が濃いほうが美味しいみかんだった」と顔をほころばせ、「ニンジンは固くて切りにくかったけど、自分で作った豚汁はおいしい」と話していました。父親の信一郎さん(40)は、「夏のひまわり学校に参加して楽しい取り組みだと実感した。親同士のつながりも作れるいい機会となっている」と語りました。

徳島市の盛山裕暉(ゆうき)くん(12)は、「ボクは飯ごうでのご飯炊きを担当した。小学2年生の時からやっているから得意なんだ」と胸をはり「みかんをとるのは簡単だけど、美味しいのを見分けるのは難しい。下の方の枝の先になっている小さめのみかんの方が美味しかったと思う」と話していました。

実行委員長の元木朋代さん(43)は「いま親たちは、学校や、保護者同士、先生たちとも距離があって、孤立した子育てを強いられているように感じる。親にとって他の子どもたちとの姿を感じる貴重な機会となっているのではないか」と話しました。そして「子どもにとっても、他の年代の仲間と協力して活動できる貴重な体験になると思う。家族単位ではなかなか無い機会だ。たとえば6年生の子は今日やってきて、いきなり班長になって年下の子どものリーダーにならないといけない。子どもにとっても新しい自分を見つけることができたのではないか」と話していました。

――――徳島新報2017年12月10日号より

«