「おかしい」9割超 記念オケ疑惑解明求め要望書

「おかしい」9割超 記念オケ疑惑解明求め要望書

要望書を提出する「明らかにする会」の会員たち

 記念オーケストラ疑惑の真相を明らかにする会は11日、飯泉嘉門知事に対して疑惑の解明を求める要望書と、同会が集めた「県民アンケート」の集計結果と寄せられた声もあわせて提出しました。県側からは佐藤健司秘書課長補佐らが対応しました。

 アンケートの「知事は川岸氏(音楽プロダクション元代表・脱税で有罪判決)への厚遇が過ぎているか」との問いには、「思う」が96.8%。「知事は説明責任を果たしているか」には、「果たしていない」が97.4%。「疑惑は解明できたか」には、98.1%の人が「解明できていない」と答えています。

 井上尚代表委員は「鳴門の人々は手弁当で第九の演奏会を行い、全国放送で紹介されるまでになっている。こういう地元の人々を支援しないで、なぜ川岸氏ばかりを厚遇したのか」と詰め寄りました。

 横山良代表委員は「疑惑がないのなら、全てを明らかにしても何も問題はない。知事が逃げ回るほど疑惑は深まる」と警告しました。

 山田節子代表委員は「博物館など他の文化事業は予算がつかないなかで、記念オケにだけ突出した予算がつけられていた。この点を議会で追及されると、知事は質問とは関係のない答弁を長々と続け、核心部分は語らず、県民から見ても異常だった」と問いただしました。

 県側は「内容を精査し関係各課に伝えたい」と回答しました。

――――徳島新報2018年9月23日号より

«