徳島新報WEB

YOU気りんりん!vol.10 ―板東信子さんからの応援メッセージ―

ポスターに心なごむ 女性国会議員を四国から

元徳島健康生協 看護師長・板東信子さんと一緒に

 沿道で白川よう子さんのポスターに出会うと心がなごみ、うれしくなります。

 1989年、よう子さんは大学を卒業後、徳島健康生協に就職し、事務職として医系学生、特に看護学生対策の担当となりました。当時、わたしは同じ部屋でよう子さんと机を並べて仕事をしていました。明るくて誠実、着実な仕事ぶり、そして何よりも聞き上手、年のはなれたわたしの悩みも聞いてもらっていたのです。患者の立場に立つ民医連の職員として今後に大きい期待をしておりました。

 そのよう子さんにある日突然、香川の人と結婚すると告げられました。選挙の応援をしたその人が会うたびに成長していく様子を情熱を込めて語ってくれたのです。もう引き止めるすべはありません。よう子さんは香川の人となり、善通寺診療所に勤務し、長女が誕生しました。

 やがて30代で国政の候補者(1998年7月、参院選香川選挙区・得票:92,205票)となり党大会で決意表明をする姿は今もしっかり覚えています。その後香川県議会議員をして4期14年の活動の様子は赤旗紙上で時折知ることが出来ました。今回、衆院選四国ブロック比例の候補者として身近になったよう子さんを頼もしく少しまぶしく、とても誇りに思っています。

 広島、長崎に原爆が落とされ、無差別爆撃で日本が焦土となった1945年私は国民学校(小学校)5年生11才の夏、この戦争の終わりを体験しました。

 あれから70余年日本は今最も危険な政情にあると思います。アメリカに従属して戦争への道を歩み出そうとする「アベ政治」を決して許さないために白川よう子さんがこの四国からはじめて女性の共産党国会議員として活躍されることを心から願います。

――――――徳島新報2017年3月26日号より

YOU気りんりん!vol.9 ―白川よう子新連載―

内子町演説会にて(2月19日)

 学校法人「森友学園」への不透明かつ異常な国有地払い下げの問題を追及した、参院予算委員会での小池晃書記局長の質疑は圧巻でした。政治家の関与があったことが一気に明瞭となり、徹底追及でも野党共闘が光っています!

 2月19日、愛媛県西条市議選の投票日。議席倍増なるか?! 結果を気にしながら、内子町で開かれる演説会に向かいました。22年間町議として頑張ってきた宮岡徳男町議からバトンタッチをめざす関根のぶゆき町議予定候補。4年前に家族で千葉から内子に移住し入党1年の48歳です。西井直人衆院愛媛4区予定候補も力強く訴え、参院選挙を野党統一候補として奮闘した永江孝子さんも応援に駆け付けてくれました。「この会場を使うのは初めて」というほど大きな構えの演説会には100名を超える人たちが参加され、町議選挙のみならず、国政選挙に向けても元気のでる演説会となりました。夜には西条市議選で2議席へ前進の吉報が届き、うれしさ倍増となりました。

 26日には徳島地区、阿南地区の地区党会議で挨拶させていただき、「来る総選挙で四国の議席奪還の気運の高まりを大会決定の徹底、党勢拡大と東京都議選勝利で、確実なものにしていこう」と訴えました。

 国会では来年度予算案が衆議院を通過しました。四国の県民生活にも大きな影響をもたらすひどい中味。県議会は3月21日まで続きますが、14年間の集大成としても一回一回の質問に魂を込めて、県民の願い実現へ頑張りぬきます。

――――――徳島新報2017年3月26日号より

脱原発へ金曜行動245週目

デモ行進を行う参加者

 原発再稼動反対!徳島有志の会は17日、徳島駅前で245週連続の金曜行動を行いました。

 脱原発市民ネットワーク・徳島の環滋子さん(68)は、「原発事故は福島だけの問題ではない、私たち一人一人の問題だ」と呼びかけました。

 徳島革新懇の横山良共同代表は、「東芝もフランスのアルバ社も破綻状態だ。原発大手の米ゼネラル・エレクトリックCEOは『原発には正当性がない』と発言した。世界を見れば、原発は不良債権となっている。原発には明日はない、直ちに撤退すべきだ」と訴えました。

――――――徳島新報2017年3月26日号より

憲法共同センターが宣伝 「戦争法は直ちに廃止を」

 徳島憲法共同センターは19日、徳島駅前で戦争法廃止と安倍政権NOを訴える昼休み行動を行いました。5人がリレートークを行い、「共謀罪」に反対する署名を呼びかけました。

 日本共産党の上村恭子県議は「南スーダンで戦闘を『衝突』と言ってきた政府のウソが明らかになった。国民のたたかいが安倍政権を追い込んでいる。この国民のたたかいを押さえ込むために共謀罪が狙われている。共謀罪の国会提出を許さず、戦争する国づくりを止めよう」と呼びかけました。

 オール徳島の横山良代表は、「南スーダン政府軍に自衛隊員5人が拘束された。南スーダン政府軍は国連職員にも攻撃をしており危険性は明らかだ。5月末と言わず、直ちに撤退させるべきだ」と訴え、「米トランプ政権は軍拡路線を鮮明にし、日本にも『直接的な支援を』とのべている。これは『兵士を出せ』ということだ。戦争法を一度も使わせないまま、一人の犠牲者も出さないうちに廃止させよう」と力を込めました。

 署名をした石井町の男性(46)は、「安倍政権のやることは変な事だらけだ。働き方を変えると言いながら、非正規が増えるばかり。正規労働者の水準の賃金にすれば、景気も良くなることは誰でもわかることなのに」と首をかしげていました。

――――――徳島新報2017年3月26日号より

恣意的な運用がされる 「共謀罪」について学習会

学習会で「共謀罪」の危険性について話す上地弁護士

 「つなぐ阿波女の会」は11日、徳島市内で上地大三郎弁護士を講師に共謀罪についての学習会を開きました。

 上地弁護士は「政府は『テロ対策のため』と言うが、すでに日本には重大犯罪に対しては、その共謀を罰する法律はある」とのべ、「権力による恣意的な運用が行われるおそれが強い」と懸念を示しました。

 そして「政府のねらう共謀罪の適用範囲は余りにも広い。国際組織犯罪とは何ら関係もなく、現在『未遂』でも処罰されない建造物破壊などでも、未遂どころか『考えた』だけで処罰対象とされる。しかも暗黙の了解でも処罰するとしている。これではSNSで『いいね』しただけで共謀が成立することになり、表現の自由、集会・結社の自由など市民的自由が萎縮し、とりわけ政府に批判的な意見表明を行いにくくする」と警告しました。

 最後に「これは決して他人事ではない。放置すればいずれ自分の身にふりかかる問題だ」とのべました。

――――――徳島新報2017年3月26日号より

さよなら原発が総会と記念講演

さよなら原発徳島実行委員会総会後、記念講演を行う岡村教授

 25の団体と64人の個人で構成する「さよなら原発徳島実行委員会」は18日、徳島市内で第6回総会を開き150人が参加しました。

 開会のあいさつにたった藤永知子代表は、「原発が高コストであることは今や誰もが知ることとなり、国民の多数が脱原発をのぞんでいる。にもかかわらず安倍政権は安全性もかえりみず、事故の時の避難計画すらないのに再稼動に突き進んでいる」と厳しく非難し、「その上、原発避難者への賠償まで打ち切ろうとしている。フクシマは終わってはいない。子どもたちが安心して暮らせる社会を作ろう」と呼びかけました。

 その後、富永裕史事務局長から16年度の活動報告と、脱原発に向けた集会、学習会の開催や、自治体へ意見書採択を求めるなどとした新年度活動方針を満場の拍手で採択し、代表に藤永知子氏(再)、事務局長に竹谷公男氏(新)などとする新年度役員体制を確認しました。

 総会後、高知大学防災推進センターの岡村眞特任教授が「近づく南海地震と直下型地震~揺れと津波の備えは万全か~」と題した記念講演を行いました。

 岡村氏は、「防災とは事が起こる前にどう準備するのかにつきる。地震がおこってからでは何もできない。これは原発も同じだ」と訴えました。

 また、現在の地震学の到達点を示し、「どんな地震がおこるか、その規模や場所を事前に予測することはできない。どれくらいのエネルギーが地下にたまっているのか、今の科学では分からない」と語りました。

 そして、伊方原発について、「日本最大の活断層にあまりに近く、いずれ必ず起こるその地震の規模があまりに大きい」とのべました。

 最後に、「四国電力は基本的な数値をすべて過小に見積もったものを積み重ね、補強しうる原発の耐震強度に地震の揺れの想定を合わそうとしている。これはもはや科学ではない」と厳しく批判し、原発からの撤退を強く訴えました。

――――――徳島新報2017年3月26日号より

YOU気りんりん!vol.8 ―医師・藤原高明氏からの応援メッセージ―

行くぞ!四国からも国会へ

医師・藤原高明氏

 白川よう子さんが、「行くぞ香川からも国会へ」をスローガンに、初めて国政に挑戦してから20年がたちます。医療・介護の現場から政治の世界へ足を踏み出しましたが、県会議員として4期14年の活動で、私たち県民の期待に十分応えてくれています。今回は、掛け値なしに「国会への挑戦」です。今度こそ、一回で国会に送りたいと思います。

 白川さんは、相談事が持ち込まれると、いつも現場に足を運び、住民と同じ目線で問題に取り組んできました。県民とともに、怒るときは怒り、涙と笑いをともに分かち合ってきました。

 20年前まで医療・介護の現場で一緒に仕事をしてきたものとして、白川さんほど頼りになる議員はいません。いつも、患者・利用者の視点と医療・介護従事者の気持ちに寄り添って問題点を鋭く指摘する、信頼できるパートナーです。

 いま、医療・介護の現場は大変です。保険料は上がる、利用料は上がる、自己負担はどんどん増えていきます。

 医療では、入院が必要になっても地域では入院するベッドがどんどん減っていく、いざ入院してもその日から退院を迫られる、長期療養が必要でも水光熱費や居住費など、本来の制度以外の負担が必要になるなど、安心して長期に治療・療養ができなくなっています。介護保険も、保険料を払っても利用できない制度に改悪が行われています。こんな政治は一日も早く変えなければいけません。

 白川さんは、これまで、県に対して現場の意見や利用者の思いをぶつけてきました。これからは、国会に行って国に直接「物申す」ことができます。現場の声を国や省庁に直接届ける仕事に大いに期待したいと思います。国会に行ってもこれまでと同様に、私たち国民と同じ気持ちで活動をしてくれます。

 政治を変えたいという思いを持つ国民は、昨年大きな経験をしました。国民と立憲野党の共同こそ、政治を変える大道です。白川さんを国会に送り、ぜひその大仕事の中心になってほしいと思います。

――――――徳島新報2017年3月19日号より

「平和で平等な日本を」国際女性デーで訴え

ミモザの花を手にリレートークする参加者

 戦争NO!、ジェンダー平等を呼びかける「2017国際女性デーin徳島」(新婦人県本部、県労連女性部、県母親大会などで構成する実行委員が主催)は8日、JR徳島駅前で宣伝行動を行い、約20人が参加しました。

 参加者たちは「女性デー」の象徴である黄色いミモザの花を手に持ち、チョコレートとキャンディを添えたビラを配布しながらリレートークを行いました。

 県労連の津川博美女性部長は「日本が女性差別撤廃条約を批准してから30年以上が過ぎるが、男女格差は縮まるどころか、安倍政権の4年間で、ジェンダー・ギャップ指数(世界各国の男女平等の度合いを指数化したもの)は世界144か国中、101位から110位まで低下した」とのべ、「働く女性の半数は非正規にもかかわらず、安倍首相は労働法制をさらに改悪しようとし、保育、介護も後退させている」と訴えました。

 市民連合・徳島の山本純代表は、「母親として森友学園の教育内容を許すことはできない。安倍政権の働き方改革は非正規を広げ、若者を使い捨てにするものだ。自らの生活に関わる問題として声を出し、行動し、政治を変えよう。選挙で変えよう」と呼びかけました。

 訴えを聞いていた徳島市の男性(81)は、「安倍政治は絶対に止めないといけない。森友学園の教育は許せないが、これは安倍政権を退陣に追い込むチャンスと捉えて頑張ってほしい」と話していました。

――――――徳島新報2017年3月19日号より